セッションで得られる効果

一年で、新しい人生をひらくマインドセットを、手に入れる

 

想像してみてください、

 

からだの中に、

どっしりとした、

自信があり、

安心して、

自己の中にやすらっている、

自分自身を。

 

そのことを、

楽しんでいる、

ご自身を。

 

そして、

人の中にいても、

一人でいても、

自分の中に、

自然で、

たしかな、

〈中心の感覚〉があり、

他の何ものにも、

わずらわされることなく、

自由で、

のびのびと、

自分の本当にやりたいことに、

120%集中できている、

自分自身を。

 

そのようなご自身であったら、

どのような人生を、

送られているでしょうか?

 

この人生で、

何を得ているでしょうか? 

 

 

 

さて、

ゲシュタルト療法は、

ご自分の心の底に潜っていって、

問題のあるプログラムを、

書き換えてしまうという、

シンプルな枠組みをもっています。

そのことを、

自分の〈気づき〉の中で、

自分の意思で、

行なっていくことができます。

 

その結果、

当スペースで、

セッションの体験を深めていく、

・心身の深い癒し

・集中力や創造力

・心の奥深いひろがり

が、3つの核として、

育っていきます。

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

 

そのことで、

肚が据わり、

存在の底に、

どっしりと安定した〈中心〉の感覚が、

生まれてきます。

もしくは、

とらわれのない心の感覚が、

育っていきます。

 

ここでは、

当スペースのセッションを通して得られる成果を、

自分と他者にかかわる視点から、

以下に、ご説明したいと思います。

(1)ご自身の変化(癒し・能力開発)
(2)他者に対して使える、サポート技法の習得

 

です。

 

そして、さらに次に、

この成果を獲得する、

時間的ロードマップについて、

解説いたします。

 

 

(1)得られる成果・能力

ゲシュタルト療法のセッションを体験していくと、
内的な変化として、以下のような成果が得られます。
上の図をご覧下さい。


ここでは、

効果の作用する心身の側面を、
「意識面」

「感情面」

「身体面」
の3つに分けて解説します。

 

さらに、

4つ目の要素として、

上記の3つが、

快癒・統合することで、

グッと大きさを成長させる、

能力的側面を、

「④能力面 創造力面」として、

加えています。



①感情面

まず、ゲシュタルト療法の

第一の効果は、

感情面での変化です。

 

セッションを通して、
人は、自分を苦しめている、

さまざまな葛藤や苦しみから、

解放されていきます。


苦しみや悩み、

心の中の雑音がなくなり、

喜びや快適さ、

楽しさの気持ちが増していきます。

心のとらわれなさ(自由)や、

パワーが、

獲得されていきます。

 

その結果、

他人や自分の感情に、

わずらわされることなく、

自分が本当にやりたいことに、

全身全霊で、

集中できるようになるのです。

 

日々、生きることに対して、

肯定的で、

能動的な意欲が、

増していきます。

内なる静けさ、

内的な安定性、

目標に、的確にフォーカスする集中力が、

生まれて来るのです。

これが人生に与える、
一番影響力の大きな効果です。


②肉体面

ゲシュタルト療法では、

心身一元論的セラピーなので、

心の解放(癒し)と、肉体の解放(癒し)が、
同時に起こってきます。

そして、

心と肉体の間にあった見えない膜(断絶)が、

だんだんと、

消えていくのです。

 

この点は、

少しイメージがつきにくい点と、

思われますが、
私たちの心のこだわり(苦しみ、恐れ)というのは、
肉体の奥底の緊張に、

深く根ざしています。

心の恐れは、

肉体の恐れとして、

存在しているのです。

(胃が痛い等)

 

セッションでは、
この肉の奥底の恐れや緊張が、

解除され、癒されていきます。

そのため、
肉体の緊張が弛緩し、

エネルギーが流れだし、

全身がほっと楽になります。
その分、日常生活で使える、

能動的なエネルギー量が、

増大していくのです。

 

自由で、

パワフルで、

エネルギッシュになったご自分を、

実感できるようになります。



③意識面

 

そして、さらに、
①②で見た「感情」「肉体」面の、

変化のプロセスを、
ご自分の体験プロセスとして、

「意識的」に、

理解できるということです。

 

刻々の気づきの使い方のコツや、
変化の仕組みが、

理解できるということです。

知的、意識的なレベルにおいても、

自分に何が起こったのかを、

理解できるのです。

 

ご自分の変化のプロセスが、

知的・構造的にも理解でき、

納得することができます。

 

このことの結果として、

将来、

自分の調子が悪くなった時に、

自分自身で、

セルフワークを行ない、

ご自分で、

セルフサポートや、

変化を創り出すことができるのです。

 

 

④能力面 創造力面

 

また、

このように、ご自分の心の構造や、

心とのコンタクトの方法を理解すると、

自分の心の底から、

創造力や行動力、

意欲や集中力を、

どのように、

引き出せばよいかについても、

だんだんと分かってきます。

 

意識と無意識(潜在意識)が接近することにより、

イマジネーション(想像力)が、

豊かになります。

また、身体が、

ほぐれて、硬さが減るので、

五感や感覚の鋭敏さが、

増していきます。

知覚力の範囲が、

ずっと広がります。

 

総じて、

自己を方向づけ、統御する、

セルフ・プロデュース力が、

ついて来るのです。

その結果、

仕事や生活の中でも、

目標へフォーカスして、

アウトプット(成果)をつくり出す能力が高まるということが、

起こって来るのです。

 

心理的な統合と、

成果(アウトプット)を生み出す力が、

同時に実現されてくるのです。

 

このことによって、

人生全体が、

変わっていくことになります。

 

 

(2)他者に対して使える、技法の習得


2つ目の成果の側面は、
(1)で見た、ご自分の達成した内的成果(能力)を、
他の人々に対しても、

提供できるようになる、
ということです。

 

ご自分の変化を、

「意識的」に理解した結果、

その原理や手法を、

他者に対しても、

適用・使用できるということです。

ご自分の技(スキル)として、

活用していけるのです。

 

ご自分の体験を通して、

理解した、
「変化の原理」や、
「気づきの利用法・効果」を、

他者に対しても、
提供できるようになります。

 

その結果、

セラピーやコーチングなど、

さまざまな場面で、

クライアントの方に向けた、

実践的な技法として、

これらを使っていけるということです。

 

また、ごく普通に、

仕事の中でも、

他者に関わる中でも、

人間関係スキルとして、

活用していけるようにもなります。

 

それ以外にも、

悩みごとの相談や問題解決力としても、

また、能力開発のスキルとしても、

さまざまな場面で、

他の人々に対して、

これらの価値を、

提供していけることとなります。

 

このことは、

私たちの人生や人間関係を、

ずっとやりがいのあるものに、

変えていきます。

 

以上が、

当スペースのゲシュタルト療法を、

体験していくことにより、

獲得される成果となります。

 

ぜひ、実際にセッションを経験してみて、

その効果や変化の実際を、

味わってみて下さい。

 

 

◆時間的ロードマップ

一年で、新しい人生をひらくマインドセットを獲得する

さて、
当スペースでは、
おおよそ、一年くらいを目安に、
クライアントの方に、
新しい人生を創っていく心の姿勢(マインドセット)を、

獲得していただくことを、
基本としています。

 

ここでいう、

マインドセットとは、

私たちの考え方や価値観、

感情や経験、創造力を含んだ、

心の枠組みの総体です。

心の姿勢の全体ともいえます。

 

ゲシュタルト療法は、

心理療法なので、

単なる気持ちの持ちようではなく、

心の構造的な変化や底力として、

これを獲得することができます。

 

ところで、

目安の一年間は、
おおよそ次の3つのフェーズ(段階)に分かれます。
セッションの回数の目安は、

月一、二回程度です。

 

①セッション(ワーク)の感覚に慣れる。気づきの感覚をつかむ。

 

②自己の内部へのアクセス(コンタクト)を深める。

 

③新しいマインドセットを組み立てる。

 

のフェーズです。 

 

 

①セッション(ワーク)の感覚に慣れる。

 気づきの感覚をつかむ。 (約1~3ケ月)     
 
…ゲシュタルト療法のセッション(ワーク)では、
 自己の内的感覚に、

 気づきを深める、
 独特の気づき(注意力)の働かせがあります。

 これは、

 今までの普通の人生で、

 経験しなかったようなたぐいの、

 感覚や感情への、

 気づき方となります。

 注意力の働かせ方となります。  

 

 そのため、その感覚になじむ期間を少しとります。
 そして、回数を重ねれば重ねるほど、
 この感覚に慣れることで、

 セッションの効果は大きくなります。

 もともと、心理療法のセッションに慣れている方は、

 このフェーズは、あまり必要ではありません。

 

※また、セッション自体は、

 初回より、充分に効果を発揮します。
 ただ、感覚のなじみ方に比例して、

 その効果が相乗的に効果を発揮していきます。


  
②自己の内部へのアクセス(コンタクト)を、

 深める。 (約4~9ケ月)

…自己の内部の、感情や欲求に、

 気づく方法に慣れてくると、
 セッションは、グッと飛躍的に、

 その深さや効果を増していきます

 

…内的探索の深さを、

 さまざまに調整しながら、
 より根本的なレベルの、

 問題の解決、

 未完了の体験の完了や、
 葛藤の解決を行なっていきます。

 

…人生を今まで縛りつけていたものからの、

 劇的な解放体験を得ていきます。

 


③新しいマインドセット(自己のモード)を、

 組み立てる。  (約10~12ケ月)

…自己の内的状態の変化と、
 内的探索の方法論的なイメージが、
 つかめたところで、
 一旦、マインドセットの全体の見立てを、

 創ります。

  

…今後の探索を、

 どうすすめたらいいのかについて、
 セルフ・プロデュース的に、方向性を確認してみるのです。

 

…ところで、

 心理的な問題解決や、

 能力の開発といった自己探求は、

 実は、何年、何十年でも、

 可能なものです。

 次々に、新しい局面や才能が、

 開いていくからです。

 そのため、

 今後も探求はつづけるにしても、

 一旦、これまでの取り組みや、

 全体の状況を振り返ってみて、

 セルフ・プロデュース的に、

 今後の方向性を確認し、

 戦略的な気づきを持つことを、

 行なってみます。

 マインドセットを、確定します。
 

…全体を見渡しつつ、肯定的で、

 ご自分の創造的な状態(ステート)を、

 確認してみます。

 

…自分の「人生の物語(英雄の旅)」の、

 見立てを確認してみます。

 

→方向性の見立てがつけば、
 ご自分の人生の主人公として、
 この物語(人生)を、

 どんな風に展開にしていったらいいのかを、
 ご自分で決めていけるのです。

 


さて、

以上のようなプロセスと枠組みで、

一年くらいの期間の中で、

ゲシュタルト療法のやり方に慣れ、

心理的問題を解消しつつ、

未来を創造的に生きていくための、

新しいマインドセットを、

組み立てていくのです。

 

当然、

各人のテーマ(課題)の軽重による、

個人差があり、

各フェーズの期間の長短もあるので、

基本モデルと考えていただければと思います。

 


お問い合わせ

ホーム

 

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

フリーゲシュタルト・

メールマガジン登録

  ↓

 コチラ

お問い合わせ

  ↓

 コチラ