フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

流れる虹のマインドフルネスへのご招待

 

当スペースは、 

 

フリーで、フロー flow な、

ゲシュタルト療法のセッション

 

を、 コンセプトに、

心理療法の枠にとどまらない、

ゲシュタルト療法などのセッションを

提供しています。

 

・目標の具現化・達成
・自信、意欲、自己肯定感の回復
・人間関係や心の悩みの解決・癒し
・卓越したパフォーマンス・集中力の発揮
・潜在能力と創造力の開発
・意識と知覚力の拡張
・創造的なアウトプットの獲得

など、

心の力を拡充し、発揮させるための、

各種のサポートを行なっています。

 

そのための、セッションを提供している、

スペースとなります。

セラピー・スペースであり、

また、能力・創造性開発の、

マインド・コンサルティング・スペース、

でもあります。

 

気づきawarenessと、

変性意識状態(ASC)という、

根本的な原理により、

ゲシュタルト療法やその他の方法論を、

再構成しているのも、

その特徴といえます。
 

そのようなアプローチによって、

人間の、
「根っこにある能力」自体を
高めてしまおうというのが、

ひとつ狙いとなっています。

そして、

そのような取り組みの中で、

私たちは、自分の人生を、

深いレベルから、

「変える」ことが、

できるからなのです。

(性格でさえ変えることは可能です)

 

それは、私たちに、

新しい自由の世界を、

垣間見せてくれるものです。

 

それが、

当スペースがご提案する、

流れる虹のマインドフルネス、

の世界なのです。

 

 

※当スペースが、

「フリー・ゲシュタルト」を標榜しているのは、

古典的なゲシュタルト療法に、

収まらない要素があるからです。

当スペースでは、

ゲシュタルト的なアプローチに、

より創造的で、自由な方法論を、

さまざまに加えています。

 

※当スペースの、

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含む、

より総合的な方法論については、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法』

をご覧下さい。

 

 

当スペースの3機軸

当スペースのセッションは、

ゲシュタルト療法を中心に行なっていますが、

方法論的には、

3つの観点(手法・アプローチ)を持っています。

 

・セラピー(心理療法)

・コーチング

・変性意識状態

です。

 

これらを、

ミックスさせて使用していくことで、

効果を最大化させる、最適なセッション内容を、

ご提案しています。

このことで、

心理面の癒し(統合)だけでなく、

より肯定的で、創造的な力の発揮、

力強い、願望の具現化・達成も、

可能となるのです。

 

このような方に役立ちます

◆当スペースは、

 次のような方のお役に立てます。

 

・人生で具現化したい目標(願望・夢)がある方

・もっと自信や確信を持ちたい、と思われている方

・なかなか行動を起こせないと、感じられている方

・自分をもっと変えていきたい、自己変革したい、と思われている方

・自分には、才能やスキルがないと思われている方

・今のまま(仕事、会社等)では、将来に不安がある方

・解決したい心の悩み(課題)がある方

・人間関係の苦しみをなくしたい、苦手な人にうまく対処したいと、

 思われている方

・決断したことが実行できない、先のばしにしてしまうと、

 感じられている方

・自分には、もっと才能があるはずだ、と感じられている方

・生きづらさを、感じられている方

・仕事の能力をもっと高めたい、と思われている方

・自分の限界を超えたい、突破したいと思われている方

・自分の才能・能力をより開花させたい、と思われている方

・独創的なアウトプット(成果)を出したい、と思われている方

・もっとエネルギッシュに生きたい、と感じられている方

・自分や宇宙の中の、未知の状態を探求したい、と思われている方

 

このような気持ちを持っている方は、

当スペースで、

ご自分の大きな潜在能力に出会うとともに、

新しい心身の能力を得て、

望むような変化を、

獲得していっていただけるでしょう。

 

 

当スペースで得られるもの

セッションの結果、

3つのアプローチに見合った成果が、

心の力の〈核心〉として、

それぞれ育っていきます。

 

その結果として、

より統合的で、集中されたエネルギーで、

願望の具現化・達成が、

実現されていきます。

 

はじめに、ベースとなる、

心の統合・癒し、

感情や欲求の統合(再構成・再編集)を、

進めていきます。

 

心が、少しでも癒されると、

私たちは、葛藤が減り、

統合感が高まり、

心の力を、

自由に使えるようになります。

(主観的には、エネルギーが

飛躍的に増した感覚です)

 

感情が抑圧されることなく、

豊かに流れ、

心身の感度や想像力が、

豊かになります。

また、

変性意識状態にも、

入りやすくなり。

隠れていた潜在意識(心の全体性)にも、

アクセスしやすくなるのです。

 

通常、健康な人でも、

自分の心の深層に触れられている人は、

ほとんどいません。

治癒的・統合的なプロセスを経験することで、

心をあつかうことが、

段々と可能となってくるのです。

 

 

◆獲得いただける3つの要素(核)

 

当スペースのセッションでは、

心に関する、3つの側面(力)を、

育てていきます。

以下では、

その3つと、

さらにプラスアルファとしての、

オプション機能(X意識状態)について、

解説します。

 

 

1.心理的な癒し・治癒的統合

 

まず、セッションの結果として、

心理的苦しみの、軽減や消滅、

心理的なパワーの増大が、

起こっていきます。

また、これを最優先します。

 

ゲシュタルト的なアプローチにより、

私たちを制限し、苦しめる、

さまざまな心の阻害要因を、

取り除いていきます。

 

その結果として、

心が治癒し、

それまでバラバラで葛藤していた、

感情や欲求のあいだに、

融合や統合が起こり、

方向づけられたエネルギー、

意欲的なエネルギーが、

使えるようになります。

 

深いレベルから、

豊かな感情の力や、

愛情の力が、

滾々と湧いてくることになります。

それは、

生きる意欲と肯定感をつくり出す、

力強いモーターのように、

働いてくることになります。

 

そうなると、

以前は、頭だけで考えて、

制限的な信念にとらわれていたことが、

自分の思い込みに過ぎなかったと、

理解されて来るのです。

 

行動に対するハードルが、

グンと下がり、

さまざまなことに、

チャレンジできるように、

なって来るのです。

 

 

2.創造力の増大

 

セッションでの取り組みを通して、

閃くよう想像力や、

めざましい創造性が、

開発されていきます。

 

当スペースでは、

卓越した創造力の開発を語っていますが、

これは、漠然としたイメージで、

語っているのではなく、

私たちの心の、

2つの原理面(表裏の側面)の、

活性化により、

必然的なメカニズムとして、

起こって来るものとして、

語っているのです。

 

それは、心の中の、

①流動化(拡散、解放)と、

②組織化(集中、凝集)の、

原理です。

 

この流動化と組織化が、

組み合わさることで、

(世間では知られていることですが)

創造的なプロセスとは、

生じているからです。

 

①の流動化(拡散、解放)面とは、

心の治癒を進める中で、

内部的にも、外部的にも、

心が流動化することによって、

「得られる情報量」が、

増大することを指します。

 

「内部的なこと」は、

心理的な情報量です。

セッションを通して、

私たちは、

過去には触れることのなかった、

心の深層・潜在意識の領域と、

より交流を深めていきます。

その結果、

未知の心理的情報量を、

より得ていくこととなるのです。

 

「外部的なこと」は、

知覚情報、感覚情報の、

増大です。

セッションを通じて、

私たちの心身の感覚は、

だんだんとほぐれていき、

あたかも流動化が起こったかのように、

エネルギー的に変容していきます。

その結果、

五感や知覚の感受性が豊かになり、

把握される情報量も、

増大するのです。

 

②の組織化(集中、凝集)面は、

自己が心理的に統合する中で、

高まっていく能力です。

自分自身の中で、

バラバラだった感情や欲求が、

融合し、結合し、

自分が一つのものとして働くのが、

「統合」です。

 

そのように機能が、

心理的に達成されるようになると、

さまざまな物事の情報を、

構成・組織化する能力も、

高まって来るのです。
 

目的や目標に向けて、

物事を構成・組織化する能力、

テーマに焦点化する集中力が、

高まって来るのです。


つまりは、

①の流動化(拡散、解放)による、増大した情報量と、
組織化(集中、凝集)による、統合力、

この二つの連携により、

より高いレベルの創造力を、

発揮することが可能となるのです。

 

これらの能力が、

セッションを通して、

得られてくるわけです。
 

 

◆埋もれていた才能・スキルの発掘

 

また、このような、

心への取り組みを行なう過程で、

ごく自然に、ご自分では、

あまり意識していなかった、

さまざまな才能やスキルを、

発掘していくことにもなります。

 

多くの人は、

「自分に才能などない」と思っています。

実は、その思い込みこそが、

才能を発揮させない要因でもあるのですが、

セッションを通して、

心をひも解くプロセスの中で、

そのような思い込みを超えて、

ご自身の豊かな才能を、

見出していくことになります。

 

そして、当スペースでは、

心理療法の治癒的・エネルギー的解放と、

コーチング的なフォーカス、

技芸(アート)的・神話的なフレームワークを、

合わせて使うことにより、

埋もれていた才能に焦点化し、

それらを育てていくサポートも、

行なっていきます。

 

 

3.心の全体性(変性意識状態)へのアクセス

 

私たちは、

セッションという、

心の深層領域と交流する手段を通じて、

心のさまざまな能力を

活発化させていくこととなります。

 

まず、ひとつは、

意識の変異した状態、

つまり、変性意識状態(ASC)に、

意識を状態変化させるスキルが、

高められていくこととなります。

 

そして、その結果として、

自分の潜在意識を、

より間近なもの(近接したもの)として、

利用できるようになっていくのです。

 

そして、

旧来の日常意識のレベルでは、

あまり知ることのできなかった、

心の潜在領域や、心の全体性と、

より密接なつながりを、

持てるようになるのです。

 

それは、私たちに、

広大な、宇宙的な自己の全貌を、

垣間見せてくれることにもなり、

ひいては、

自己の心のひろがりへの、

深い信頼感を、

生んでいくことにもなるのです。


 

4.X意識状態(XSC)の活用

 

そして、

以上の3つの要素が、

相乗的に、結合的に働くことで、

クライアントの方が、

得られる能力も、

より「意識拡大的」なものと、

なっていくのです。

 

また、場合によって、

(習熟の深まりによって)

その中で、

より新しい、超越的で、

創造的な意識状態の感覚も

生まれてくることになるのです。

 

当スペースでは、

それらの心的状態を、仮に、

X意識状態 (X state of consciousness / XSC)

と呼び、

人生の創造的次元をひらく、

優れた要素(意識状態)として、

位置づけています。

 

それは、私たちに、

子供の頃に予感していたが、

その後、見失ってしまった、

「魔法」が、

人生に、本当に存在することを、

教えてくれるものなのです。

 

 

 

以上のような取り組みの結果、

当スペースで、
セッションを続けていくと、
次のような事柄(内的心理状態)が、
手に入ってきます。

 

・生きることが楽になり、楽しみが増える。
・苦痛や苦しみの感情が減る。

・セルフ・イメージが上がる。

・自信と自己肯定感が高まる。

・自分の中の、感情的な雑音(ノイズ)が無くなる。
・まわり(他者)の、わずらわしい事柄が気にならなくなる。

・自分の能力に、信頼感が生まれる。

・新しい才能が発掘される。

・心に余裕ができる。

・不要なこだわりがなくなる。

・内側の感情が、なめらかに流れるようになる。
・過去の不快な出来事を、肯定できるようになる。
・肉体がしなやかになり、からだが軽くなる。
・肉体がエネルギーを増す。

・肚が据わる。

・存在に〈中心の感覚〉が生まれる。

・自分がまとまりを持ち、力を方向づけられるようになる。

・「今ここに」生きている感じがする。

・集中力や焦点化する力が増す。

・セルフ・イメージと才能の再構成・再編集がなされる。

・より自己一致congruenceする。

・自分の気持ちを、素直に表現できるようになる。
・他者の心に、じかにコンタクトできるようになる。

・より共感的になる。
・知覚力が拡大し、五感が豊かになる。

・意識が拡張する。

・快(快楽)を、より強く感じるようになる。

・フロー体験が、生まれやすくなる。

・行動を起こす際の、ハードルが低くなる。

・すぐ行動できるようになる。
・積極性が出る。

・やり抜く力がつく。

・目標(目的)を達成しやすくなる。

・ストレス耐性ができる。

・行動そのものが、スピード感を増す。
・いろいろと冒険的なことができるようになる。

・突破力がつく。
・遊び心やユーモアが増す。
・感受性が増し、自然や世界が美しく感じられる。

・想像やイメージが豊かになり、発想力が増す。

・愛の力が増し、開花する。

・変性意識状態に容易に入れるようになる。

・自分の夢が、理解できるようになる。

・飛躍的なアイディアが出て来る。
・的確な表現力が増す。

・斬新なアウトプットができるようになる。
・「自分という存在」の味わいが、より深くなる。

・生きること自体が、価値を持ち、楽しくなる。

・深い感情を生きられるようになる。

・直観力が鋭くなる。

・心が、純粋さを増す。

・濃密に生きている実感を得られる

 

ぜひ、このような内的状態や、

生きる力のひろがりを、

実感していってください。

人生を変えていく、

さまざまな力を、

獲得していただけます。

 

 

**************************

 

◆他のゲシュタルト療法スペースとの違い
 ―意識拡張、願望具現化、創造性開発としての利用

 

さて、他団体と較べた場合の、
当スペースの、
ゲシュタルト療法の特徴は、
単なる治癒だけでなく、
クライアントの方の、
より肯定的な自己変革や、

創造性開発、

意識を拡大するための技法として、
ゲシュタルト療法を、
活用しているという点です。

ところで、
心理療法的アプローチにおいては、
特に重要となる点が、
ファシリテーター自身が、

無意識のうちに前提としている、
「文脈(コンテクスト)」というものです。

この「文脈(コンテクスト)」とは、

ファシリテーター自身の世界観、

ファシリテーター自身が、

無意識のうちに、

人生の前提としている枠組みと、

いえるものです。

 

それが、重要なのは、

その「文脈(コンテクスト)」が、

なんだかんだ言っても、

結局、

クライアントの方の体験を、
組織化し、意味づけていく、
間接的な働きを、

持ってしまうからです。

そのため、
クライアントの方にとっては、

どのような「文脈(コンテクスト)」が、
ファシリテーターや、

その場(団体)を取り巻いているかを、
見抜くことは、とても大切なことなのです。

ファシリテーターが
無意識のうちに前提としている文脈によって、
セッション中の、

クライアントの方の、

体験内容の意味づけ方も、
影響を受けるからです。
(このことに、鈍感なファシリテーターの元では、
あまり多くを期待できません。
それらは制限的であるとともに、

ある面では、危険でさえあります)

このような意味合いにおいて見ると、
通常、世の中で行なわれている、
多くのゲシュタルト療法は、
過去の出来事の清算、未完了の体験の完了、
といった、
古典的な心理カウンセリングのレベルに、
終始しています。
(それは、心理的不調・苦痛という、
マイナス・レベルの要素を、
ゼロ・レベルにまで戻す営みです)

 

そして、残念ながら、、

そういうアプローチでは、
そのレベルが前提している
制限的な世界観を、
超えていくことはできません。

ファシリテーターの側に、

それを超えた枠組みや世界観が、

存在していないからです。

一方、当スペースは、
ゼロ状態までの健康回復は前提として、
人生や心に関して、
より積極的な成長、
より積極的な創造性開発というものを、
メイン・フィールドとしています。

 

それが、

当スペースの特徴と、

いえる点です。

 
また、創造的な面へのフォーカスは、

実際のところ、
治癒という実利的な目的のためにさえ、
肯定的な潜在力へのリーチが、

きちん届いていることが、
効果的でもあるからなのです。

 

最初から、ゼロまでの回復を、
いっぱいいっぱいで目指すアプローチでは、
人間の持つ限りない潜在能力に、
逆に、抑制的な影響を、

与えてしまうからなのです。

 

その先の、限りない意識拡張の層まで、
きちんとリーチが届いていてこそ、
人間の深く広大な治癒能力も、
引き出されて来るというわけなのです。

そのため、
当スペースのゲシュタルト療法の特徴としては、
より、クライアントの方の、
意識拡張、願望の具現化、
創造力・潜在能力の開発に、
焦点が当てられた、

ゲシュタルト・アプローチだといえるのです。

 

また、これは、筆者自身の、
多様で極限的な実体験から導かれた事柄であり、
理論からだけで導かれたものでも、
誰かの噂話から引き出された結論でもありません。

そのため、

当スペースでは、

ゲシュタルト療法で、

心の基盤固めを行なうと同時に、

その他の創造的な方法論や、

各種さまざまな知見を取り入れて、

最終的な自由と解放までをも、

視野に入れたアプローチと、

なっているのです。

 

過去にゲシュタルト療法を、
体験してみて、
「なかなか興味深いとは思ったけど、
なんか続かなかったなぁ」
とか、
「いい体験はしたけど、
なぜか、だんだん失速してしまったなぁ」
といった方にも、
その先にある、
より自由で創造的な体験領域を、
探索していただくことが、

可能となっています。

 

 

心の能力の「守・破・離」
心の能力の「守・破・離」

**************************

 

〈セッション内容〉

 

料金等については

↓↓↓

「メニュー/料金」

 

 

効果については

↓↓↓

セッションで得られる効果

 

 

実際に行なう、

セッションのイメージについては、

以下を、ご参考下さい。

↓↓↓

セッション(ワーク)の実際

 

 

ぜひ、お気軽に、

お問い合わせ下さい。

 ↓

お問い合わせ

 

 

メールマガジン登録

【FG通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト

  ↓

 コチラ

 

 

※当スペースの、

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含む、

より総合的な方法論については、拙著↓

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法』

をご覧下さい。

 

 

 

 

**************************

 

使命 Mission

 

フリー・ゲシュタルト・ワークスは

 

ゲシュタルト療法をはじめとした、

 

さまざまな遊戯的療法的、表現的な、

 

気づきの技法を通じて、

 

個人が、本来的な願いと愛、

 

未来的な創造性を、

 

自由に、自然に、充全に生きられるよう、

 

支援することを、目的としています。

 

 

**************************

 

【PART1 Basic】ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

 

【PART2 Standard】

気づきと変性意識の技法 基礎編

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【PART3 Advanced】

気づきと変性意識の技法 上級編

変性意識状態(ASC)の活用

願望と創造性の技法

その他のエッセイ

 

【PART4 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

 なぜ、ゲシュタルトなのか

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

 

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

エンプティ・チェアの技法

学習特化サイト

 ↓

エンプティ・チェア・ワークス

変性意識状態(ASC)の、

創造的活用は

 ↓

Xステーツ・テクノロジー

新刊案内

『気づきと変性意識の技法: 流れる虹のマインドフルネス』

内容紹介

 

Amazonページ

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス

(電子版)

※kindle無料アプリは、

コチラ

※現在、特価中

 

 

 

著書

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

内容紹介

 

Amazonページ

『砂絵Ⅰ:現代的エクスタシィの技法

(電子版 or 書籍版)

 

※kindle無料アプリは、

コチラ

 

※現在、特価中

 

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

メルマガ登録

【FG通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト

  ↓

お問い合わせ

  ↓

 コチラ