心理的変容の技法 見取り図

 

 

 

ここでは、

当スペースで、あつかっている、

ゲシュタルト療法(体験的心理療法)や、

心理的変容の見取り図(全体像)について、

記しています。

 

上に図がありますが、

これは、心の構造モデルと、

それぞれの心の部分を対象とした方法論を、

イメージとして置いたものです。

 

全体の構図としては、

深層心理学などでいう、

意識、無意識の構造が、

上下に、配置されています。

 

また、これと、

(厳密に対照するわけではありませんが、喩えとして)

心の相対的な安定性を、

上下のタテ軸としておいています。

 

 

◆各種の方法論

 

心のモデルの上に、

方法論の名称が書かれています。

  

①コーチング (NLP)

 

コーチングは、

普通に健康な人の、

意識的側面に、働きかける方法論であり、

クライアントの方の、

「願望達成」「目標達成」などを、

お手伝いする方法論です。

その人の意欲を方向づけていくような、

方法論となります。

 

また、NLP(神経言語プログラミング)も、

心理療法に、その由来を、

持つものではありますが、

その効力の多くは、

比較的軽度な、知覚変容であり、

コーチング的な主旨や範囲で、

使用していくのが、

通例となっています。

 

 

②精神医学

 

症状の重い人を対象としており、

症状の抑制や、安定化を、

目的としています。

意識的に、コントロールできる領域が、

比較的少ないという意味合いで、

図の下の方に、位置づけましたが、

まったく「無意識」の世界である、

という意味合いではありません。

 

 

③(体験的)心理療法

 

心理療法は、

幅の広い範囲を持ちます。

心の「少し調子の悪くなった人」の、

サポートという側面と、

心の「病い」の治療という側面と、

幅をもったアプローチとなっています。

(この不調と病の違い自体、

曖昧で、相対的なものですが)

 

また、心理療法は、

各流派によって、

重視(焦点化)する心の部分に違いがあるのと同時に、

心のプログラムを修正するための、

何がしかの具体的な方法論(技法)を持っています。

「意識」と「無意識」の両方に、

働きかける方法論となっています。

 

図では、

円の大きさが、

意識よりも、上層部(Aゾーン)まで、

広がっています。

 

これは、特に、

体験的心理療法の実践の中では、

そのような、

日常意識を超えた領域にまで、

影響が及んでいくことを、

表しています。

 

 

④変性意識状態(ASC)

 

図の一番外側にまで、

大きな円として、

変性意識状態(ASC)が、

広がっています。

これ自体は、

私たちの意識の、

本来持っている自然な機能であり、

可能性です。

 

また、

変性意識状態(ASC)自体は、

心の様態を指す概念であり、

心理療法の方法論ではありませんが、

心理療法の中で、

ごく自然に現れて来る、

意識状態となっています。

 

また、

変性意識状態(ASC)は、

心理療法の技法と、意図的に合わせて使うと、

人間の持つ自己治癒力を活性化させ、

その能力を、より多く引き出す作用を持ちます。

 

そのため、

心をあつかう方法論の背後に、

クライアントの方の、

変性意識状態(ASC)と、

自己治癒力があることを、

理解し、信頼しておくことは、

アプローチに際して、

とても有効なことなのです。

 

 

⑤気づきの技法

 

そして、左に、上下の矢印がありますが、

これら広範囲な心の諸領域を、

横断しつつ、自在に行き来できるのが、

私たちの〈気づきawareness〉の力なのです。

 

この〈気づき〉の一点を外すことなく、

心の諸々に取り組むことにより、

私たちは、

心理的な統合と、拡張的な意識、

そして、拡張された現実を、

手に入れることができるのです。

 

そして、

この〈気づき〉の力の、

原理的な意味合いとしては、

禅や各種の瞑想技法と、

同じことなのです。

つまり、これ自体は、

とても普遍的な原理なのです。

 

この〈気づき〉の力と、

変性意識状態(ASC)とを、

原理(原理論)として、

コンビネーションで活用するのが、

当スペースの特色です。

 

 

……

 

さて、当スペースは、

ゲシュタルト療法という、

体験的心理療法を、

メインの方法論として使っていきますので、

上の図のような、

心の広い領域を、

カバーすることとなります。

 

特に、変性意識状態(ASC)を、

意識したアプローチを持ち、

心の潜在能力や、

心の高位の要素(X意識状態等)をも、

フォローしていくことができます。

(図のAゾーンの領域)

 

このことが、クライアントの方の、

心の治癒的な統合を進めることともに、

卓越した創造性を開発する方法論とも、

なっている理由なのです。

 

この関係についての、

総合的な方法論は、

拙著をご覧ください。↓

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

 

 

 

【心理療法】

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

体験的心理療法とは

変性意識状態(ASC)とは

 

【その他】 

「英雄の旅」とは

禅と日本的霊性

野生と自然

フリー・ゲシュタルト・ワークス

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

フリーゲシュタルト・

メールマガジン登録

  ↓

 コチラ

お問い合わせ

  ↓

 コチラ