【総合サイト案内】自己実現への能力&意識拡張マップ

【目次】

①サイト構成

②解説

③補足説明

⑴【図解】心の構造と変容のポイント 見取り図

⑵セッションで得られる効果と成果

⑶進化とスキルのロードマップ

⑷書籍の案内 

 

 

①サイト構成

 

当サイトは、以下の4つのパートで構成されています。 

PART1からPART2への流れで、

望ましい自己実現を推進していきます。

前段(序論)として【PART0】を置いています。

(全体はこちら→サイトマップ)

 

 

【PART0】 

 

…関連する前提事項について掲載しています。

【図解】心の構造モデルと変容のポイント 見取り図

「自信がない・自己肯定感が低い・生きづらさ・心の葛藤」の構造と、創造性 

 

【PART1 Basic】ゲシュタルト療法

…当スペースの基礎的な方法論である、

 心理療法(ゲシュタルト療法)について

 解説しています。

 

ゲシュタルト療法とその応用によって、

 私たちは、現代社会が想定している以上の、

 心の超健康な基礎を得ることができます。   

 心の葛藤を解決して、エネルギーに満ちた、

 とらわれのない自由な心が

 つくられていきます。

 人生で想像していなかったような

 大きな解放感です。

 

…この一種、超健康状態は、

 自己実現self-actualizationを準備する、 

 素晴らしい解放・統合状態となります。

 

 

【PART2 Standard】気づきと変性意識の技法 基礎編

…ゲシュタルト療法からトランスパーソナル心理学へ。

 

…ゲシュタルト療法が充分に深められ、

 心身が統合されてくると、

 自然により進化した心の状態、

 「超意識」状態が現れてきます。

 トランスパーソナル心理学の、

 ケン・ウィルバーなどが指摘するような、

 トランスパーソナル(超個的)領域の登場です。

 

…ここでは、

 一般の限定的心理療法を乗り越えて、

 さらに素晴らしい自己実現を

 達成するための、

 さまざまな方法論について

 解説がなされてます。

 

…変性意識状態(ASC)とは、

 カジュアルにいえば、

 日常意識と潜在意識が、

 部分的に融合した状態ですが、

 自己実現のための

 効果的なツールとなります。

 

…このような取り組みの結果、

 私たちは、

 普段の自我の中にも、

 「青空のようにひろがる」

 トランスパーソナル(超個的)領域を、

 感じとれるようになっていきます。

 それが、

 「流れる虹のマインドフルネス」と、

  呼んでいる意識状態です。

 

 

【PART3 Advanced】気づきと変性意識の技法 応用編

…より自由な創造性や、意識拡張状態の応用例として、さまざまなトピックを取り上げています。

 

 

【PART4】フリー・ゲシュタルト・ワークス

→当スペース関係のご紹介となります。

 

 

詳細目次は、サイトマップへ

コチラ

 

 

②解説

 

ステップPART1~2の流れで、

自己実現self-actualizationの可能性を、

追求していくこととなります。

  

心理療法の技法と、変性意識状態(ASC)を、

融合することで、

他にない形で、

私たちの心身の統合や、

潜在意識とつながった意識能力の拡大が、

実現されていきます。

 

トランスパーソナル心理学なども、

指摘することですが、

「自伝的領域」(過去の出来事)

について、こだわりが消滅すると、

心のより深い層(非個人的領域)が、

開いてくることになります。

 

自分の中に、

青空のように広がる

トランスパーソナル(超個)な次元が、

開いてくるのです。 

「青空の通り道」が、

確固としてできてくるのです。

それは、

私たちに生きる意味を教えて、

能力と喜びを大きく解放することとなります。

 

また、

トランスパーソナル(超個的)な意識と、

個的な実存(意識)は、

排除しあうものではありません。

真のトランスパーソナル(超個的)な意識は、

個的な状態を透過しているのです。

それらは併存しているのです。

それが統合されたトランスパーソナル状態

というものです。

(ウィルバーの説「超個と前個の区分」参照)

 

そのため、

トランスパーソナル(超個的)な体験を

深めれば深めるほど、

統合すれば統合するほど、

私たちは、

より「個」としての在り方や充電を、

鮮烈で豊かなものにできるのです

 

その結果、優れたアウトプットの創出や、

さまざまな豊かな成果を、

人生で手にすることが

できるようになってくるのです。 

 

 

↓動画「総合サイト案内 フリー・ゲシュタルト・ワークス」

③補足説明

⑴【図解】心の構造と変容のポイント 見取り図

 

まず、方法論の前段(PART0)として、心の構造モデルによって、コーチング、カウンセリング、各心理療法等の各種の方法論が、位置づけられています。

当スペースのアプローチの特性が解説されています。また、それらが導く意識状態についても、解説されています。

PART1~3の前に、ご一読いただければと思います。

 

▼心のさまざまな領域があつかえます。

 

 

↓普段の自我の中に、「青空のように開かれたトランスパーソナルな領域」を、確固たるものとして、感じていけるようになります。 〈青空の通り道〉です。

 

⑵セッションで得られる効果と成果

 

▼当スペースでのセッションを通して、さまざまな方法論(スキル)が、習得されるとともに、拡張された意識状態(日常意識+変性意識)と、優れたアウトプットが、得られていきます。

 

▼当スペースでのセッションを通して、さまざまな方法論(スキル)が、習得されます。(以下は、抜粋です)

 

 

▼当スペースで得られる成果

獲得された方法論(スキル)により、ビジネスや日常生活で、まわりの人々をサポートしたり、優れたアウトプットを、引き出せるようになります。

 

 

動画「セッションの効果 意欲と創造力の増大」↓

⑶進化とスキルのロードマップ

▼初歩から一歩一歩、進化して、ゴールにつきます。

 

 

▼ゲシュタルト療法で、心の基礎的なパワーが、ガッツリ育ちます。

 

 

 

さて、当スペースでは、

おおよそ、一年くらいを、

ひとつの目安として、

心の変化やスキルの感覚を、

つかんでいただくことを、

イメージしています。

 

当然、個人差はありますので、

実際にはその人その人の進捗に合わせて、

確実に積みあがっていくようにいたします。

 

初心者の方でも、

着実に変化とスキルの内実が

獲得されるので、

ご安心ください。

 

付け焼き刃ではない、

一生消えない、

一生役に立つスキルです。

 

そして、最終的には、

意識と存在を大きく拡張する、

「青空のような領域」と、

つながっていくこととなるのです。

 

まずは、

ゲシュタルト療法の、

やさしい取り組みからはじめて、

「心の基礎力」(OS)を、

育てることで、

自信にみちた確固たる自分自身が、

できてきます。

潜在意識の深い自分とつながると、

自信ができ、

私たちは、よりパワフルになります。

 

そうなると、

心の応用力である、

知性や想像力、創造力も、

より深みと説得力をもった、

突き抜けたものに、

なっていくのです。

 

さて、仮に一年間で見た場合、

おおよそ第1段階から第3段階までの、

3つのフェーズ(段階)が、

多くのパターンとなっています。

 

第4段階は、

第2、3段階のフェーズを、

何度も繰り返した後に得られる、

次の領域となります。

タイプはさまざまですが、

継続の後に、

必ず得られる段階です。

  

【第1段階】慣れる

気づき(マインドフルネス)の技法に慣れる。 
感覚の働かせ方に慣れる。
内的プロセスをつかむ感覚に慣れる(変性意識)。

 

【第2段階】流れる

心の解放を創り出す。

心のブロックをとる。

心身のエネルギーの流れ創り出す。

変性意識の感覚に慣れていく。
気づき(マインドフルネス)を深める。

内的統合を進める。

自己の創造力を引き出す。

構造的な見立て、技術・手法について学んでいく。

 

【第3段階】まとめる

気づき(マインドフルネス)を深めて、

心身エネルギーの流れ、
知覚・意識のひろがりを統合していく。

全体的な構造的な見立てをつかんでいく。

技術・手法を深めていく。

 

【第4段階】進化する

流れる(深める)とまとめる(振り返り)を繰り返す

 

【第5段階】ゴール 〈青空の通り道〉

トランスパーソナルな領域とつながり、

確固としたものにする。

 

のステップです。 

  

【第1段階】慣れる

気づき(マインドフルネス)に慣れる。 
感覚の働かせ方に慣れる。
内的プロセスをつかむ感覚に慣れる

(約1~2ケ月)

 

セッションを通して、

ゲシュタルト的手法(アプローチ)の、

感覚的探査の方法に、

慣れていただきます。
 

ところで、

ゲシュタルト的なセッション(ワーク)では、
自己の内的感覚に、

気づきを深める、
独特の「気づき(注意力)の働かせ」があります。

いわゆる、マインドフルネスの状態です。

これは、現代社会の、

普通の人生では、

決して経験しなかった類いの、

感覚や感情への、

気づきawarenessの働かせ方となります。

 

そのため、

この独特の気づきawarenessの働かせ方や

マインドフルネスの感覚、

内的プロセスをとらえる感覚、

自己表現法に、

なじむ期間(時間)を少し取ります。

 

とはいっても、

初回から明確な変化は起こるので、

その点は、ご安心ください。


セッションは、回数を重ねるほど、

そのやり方に慣れることで、

体験も深まり、その効果は大きくなっていきます。

 

また、もともと、心理療法のセッションなどに、

慣れている方は(その流派にもよりますが)、

このステップは、必要ではないかもしれません。

  

【第2段階】流れる

心の解放を創り出す。

心のブロックをとる

心身のエネルギーの流れ創り出す。

変性意識の感覚に慣れていく。
気づき(マインドフルネス)を深める。

内的統合を進める。

自己の創造力を引き出す。

構造的な見立て、技術・手法について学んでいく。

(約3~10ケ月)

セッション方法に慣れてくると、

自己の内的プロセス、

潜在意識(感情や欲求)に気づく、

深さや効果が、加速度的に増していきます

 

ひとつ目安となるのが、

感情や心身エネルギーの、

流動性の高まりです。

自分が弛緩して、

感覚や感情が流れやすくなった、

また、細かなことに気づくようになった、

というのが、体験の深化の目安です。
 

一回、一回、セッションを進めるたびに、

何かが、明確に変化して、

自分が変わっていく実感が得られます。

 

ご自分の未知の創造性に、

触れていくことになります。

 

そのなかで、

方法論的な理解も合わせて深めていきます。

理論的なスキル理解も行なっていきます。

 

【第3段階】まとめる

気づき(マインドフルネス)を深めて、

心身エネルギーの流れ、
知覚・意識のひろがりを統合していく。

全体的な構造的な見立てをつかんでいく。

技術・手法を深めていく。

(約11~12ケ月)

心身エネルギーの流動化を進めると同時に、

内的な統合感や変化の確認にも、

注意を向けていきます。

 

自分の進化を指標化して、振り返ります。

得たいゴール(目標)への接近具合を、

測定します。  

 

内的な進化や、スキル・方法論として、

何が得られたか、もっと何を学びたいかを、

確認していきます。

 

さて、ところで、

内的な能力変化や、

方法論のスキル獲得は、

際限なく、進化が可能なものです

(そして実際、継続していく中で、

突然の、爆発的進化も起こってきます)

 

そのため、ときどきに、中継点(道標)として、

これまでの取り組みの進化(旅)を確認し、

獲得した変化やスキルを振り返って、

統合的に定着させることが、

有効なプロセスとなります。

 

【第4段階】進化する

流れる(深める)とまとめる(振り返り)を繰り返す

 

スキルや体験を深めることと、

統合的な振り返りを、

サイクルのように行なうことで、

意識とスキルが、

進化していきます。

 

【第5段階】ゴール〈青空の通り道〉

トランスパーソナルな領域とつながり、

確固としたものにする。

(継続の後)

 

そして、最終的に、

この取り組みと統合の進化は、

私たちの意識と存在を、

トランスパーソナル(超個的)な領域に、

つなげていくことになります。

 

トランスパーソナル心理学なども、

指摘することですが、

「自伝的領域」(過去の出来事)

について、こだわりが消滅すると、

心のより深い層(非個人的領域)が、

開いてくることになります。

 

そして、普段の自我の中に、

「青空のように開かれた、

トランスパーソナルな領域」を、

確固たるものとして、

感じていけるようになるのです。 

  

また、

このゴールに向かうプロセスで、

私たちは、変性意識状態(ASC)、

意識のチューニングの変化を、

体感していくことになります。

このプロセスについて、

気づきを持って取り組むことで、

私たちは、

意識のチューニングを変える方法や、

意識の拡大状態をつくる方法を、

体得していくことになるのです。

 

 

 

さて、

以上のようなプロセスとサイクルで、

セッションと学習過程は、

進んでいきます。

 

このプロセスの中で、

下記の諸要素が、少しずつ、

体験的・確実に学ばれていきます。

 

【PART1】 

▼ゲシュタルト療法の基本と応用
・理論と原理 ビジョン
・気づきawarenessとマインドフルネスの技法
・各種の促進(ファシリテーション)技法、

・トラッキング(追跡)技法
・エンプティ・チェア(空の椅子)の技法
・心身一元論的なアプローチ技法
・葛藤解決の技法

・ゲシュタルトの応用活用法(ゲシュタルト3.0)

【PART2】

▼変性意識状態(ASC)の入り方・誘導法・活用法・あつかい方

▼アウトプットを増幅するための変性意識活用法

▼トランスパーソナル的(超個的)メソッド

▼意識のチューニング法

▼各種の瞑想技法

▼進化形NLP(神経言語プログラミング) 

 

当スペースのセッションに慣れ、

初歩から一歩一歩積み上げていく中で、

確実に、心理的な解放と統合が起こり、

自己実現へ向かうスキルとしての、

「気づきと変性意識の技法

:流れる虹のマインドフルネス」

が得られていくことになるのです。

 

新しい人生の次元が、

開かれていくことになるのです。

 

ぜひ、実際にセッションを体験してみて、

その効果をご確認ください。

 ↓
お問い合わせ

 

 

 

↓普段の自我の中に、「青空のように開かれたトランスパーソナルな領域」を、確固たるものとして、感じていけるようになります。 〈青空の通り道〉です。

 

⑷書籍の案内

ゲシュタルト療法については、

基礎から実践までをまとめた総合的解説、

拙著『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』

をご覧下さい。

 

気づきや統合、変性意識状態(ASC)への、

より総合的な方法論は、拙著↓

入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、

より詳細な変性意識体験、トランスパーソナル体験の事例を含む、

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

をご覧下さい。

 

 

▼▼▼【メルマガ登録】▼▼▼

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい! ↓

 

↓動画「総合サイト案内 フリー・ゲシュタルト・ワークス」

 

↓動画『ゲシュタルト療法ガイドブック 自由と創造のための変容技法』

 

動画「進化とスキルのロードマップ」↓

 

↓動画「気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス」

 

※多様な変性意識状態についてはコチラ

↓動画「ゲシュタルト療法 変性意識状態 エクスタシィ(意識拡張)」

 

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

 

↓動画「映画『マトリックス』のメタファー 残像としての世界」

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

フリー・ゲシュタルトな気づき 流れる虹のマインドフルネス

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

freegestaltworks.TV

エンプティ・チェアの技法

学習特化サイト

エンプティ・チェア・ワークス

変性意識状態(ASC)の創造的活用は

Xステーツ・テクノロジー

新刊案内

『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』

内容紹介 

Amazonページ

『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』

(電子版 or 書籍版)

※kindle無料アプリは、

コチラ

※現在、特価中(300円)

 

著書

『気づきと変性意識の技法: 流れる虹のマインドフルネス』

内容紹介

Amazonページ

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス

(電子版 or 書籍版)

※kindle無料アプリは、

コチラ

※現在、特価中(500円)

 

 

著書

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

内容紹介

Amazonページ

『砂絵Ⅰ:現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容

(電子版 or 書籍版)

※kindle無料アプリは、

コチラ

※現在、特価中(700円)

 

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

コチラ

セッションで得られる効

コチラ

メニュー・料金

コチラ

プロフィール

コチラ

▼【メルマガ登録】▼

 

【freeGestalt通信】

潜在意識を動かして自己実現する。気づき・変性意識・ゲシュタルトの方法 ///流れる虹のマインドフルネス

 

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい!

お問い合わせ

コチラ