気づきと変性意識の技法 流れる虹のマインドフルネス

 

ここでは、

近刊予定の書籍の

ご案内をしたいと思います。

 

 

 

~~~~~~~本文より~~~~~~~~

 

 

はじめに 意識拡大のテクニック入門

本書は、心理療法や瞑想技法を活かして、私たちの心や意識を拡大する方法を解説した、入門的なガイドブックです。私たちの心には、まだ世間ではあまり知られていない、意識の隠れた領域や特殊な能力というものが、数多く存在しているからです。それらを知ることなく、一生を終えることも、もちろん可能です。しかし、その秘密の光明を、何かの機会に、少しでも垣間見たり、味わってしまうと、私たちはこの人生に、まったく別種の可能性が存在していることに気づいてしまうのです。それはあたかも小部屋(牢獄)の高い窓に覗く、青空のようなものです。そして、実際に、それらの能力を掘り起こし、解き放っていくことで、私たちの人生は、今、世間で教え込まれているものとまったく違う、彩り豊かな目覚めの状態や、多次元的なひろがりを現して来るのです。このような体験や心を扱う領域について、(特に日本では)あまり認知されていない面も多いので、その内容は、少しSF的に聞こえるかもしれません。しかし、そのようなさまざまな実体験することを通して、私たちの意識は、少しずつ確実に、変容していくこととなるのです。そして、その結果として、私たちの人生は、流れるような喜び(至福)の体験領域に向かって、開かれていくこととなるのです。本書は、そのための、簡単な手引きとエクササイズをまとめたものとなっています。

ところで、本書では、タイトルにあるように、大きく2つの能力に、ポイントが当てられています。


①マインドフルネスな気づきawarenessによる、意識的・心理的な焦点化
②変性意識状態(ASC)の利用による、さまざまな知覚的・感覚的・エネルギー的な体験領域の拡大


です。
そして、この2つの能力は、各自を成長させるだけでも、大きな効果があるのですが、これらを組み合わせて、結合的に利用することで、さらに相乗効果が生まれ、階層(次元)をひろげて、目覚ましい結果を生み出すことになるのです。①②を合わせた活用が、本書の方法の特色となります。

ところで、①の気づきの機能とは、「気づきawareness」という日常的な言葉がイメージさせる以上の、特別な力を持っているものです。最近では、「マインドフルネス」という言葉で、世間でも、この能力の重要性が、少しずつ知られるようにもなってきました。元来は、仏教がはじまる頃から(もしくは、それ以前から)、歴史的には知られていた心の使い方、心の能力です。
私たちは、注意力の向け方を少し変えたり、注意力の集中を少しトレーニングするだけで、心の大きな力を目覚めさせることができるのです。新しい体験を得て、心の新しい可能性を感じはじめることができるのです。それは、マインドフルネス瞑想が、医療的な領域で注目を集めたことでも分かるように、ストレスの低減や、鬱の再発防止、自信や力の回復などでも、きわめて具体的な効果を現して来るものなのです。しかし、その効果は、そこにとどまるものではありません。気づきawarenessは、出発であると同時に、ゴールでもあるような、多様で奥深い力を持ったものなのです。
②の変性意識状態(ASC)は、心理状態の一種ですが、ごく限られた人々以外には、その重要性が知られていません。また、それは、神秘体験などの非常に特異な体験と思われたり、または、ドラッグ等によるレクリエーション的体験などとも勘違いされています。しかし、変性意識状態そのものは、さまざまな形態で、私たちが日頃から経験しているものです。そして、この変性意識状態を、意図的に利用することで、私たちの人生の体験領域は、次元を超えて拡大していくことにもなるのです。また、予期せぬ形で、制限的なリアリティを超えていくことにもなるのです。それは、私たちの人生に、未知の展望を開いていくことにもなるのです。
そして、さらに、この①②を合わせて操作することで、それぞれの能力をより育て、かつ、より高い領域での意識状態を生成することにもつながっていくのです。気づきの多彩なスペクトラムを生む、プリズムのような意識領域が、組成されて来ることにもなるのです。そのような、心の領域を育てることは、私たちの人生に、拡張されたリアリティや、生きる真の意味の流入まで、幅ひろい領域での変容を引き起こしていくことになるのです。そして、そのことで、私たちの世界の姿は、あたかも、「白黒の世界から極彩色の世界へ変わるように」、その風景をまばゆく変えていくことになるのです。


◆流れる虹のマインドフルネスへ

さて、さまざまな気づきと変性意識への取り組みを通して、私たちの、物事に対する一種の内的視覚は、確実に、透徹したものに(透視力的なものに)なっていきます。
 これを、心の構造から考えてみましょう。私たちの心とは、自分が意識している、日常意識(顕在意識)の領域以外にも、広大な領域が存在しています。潜在意識や無意識と呼ばれている領域です。夢の領域などもそのひとつです。それらの心の領域は、今ここでも、私たちの自覚していない次元で、働き続けています。そして、人生の出来事を体験し、咀嚼し、自分の情報としているのです。ただ、その潜在意識は、決して、単一の、ひとつだけの存在ではありません。心の階層構造や分岐構造、経験する出来事の内容(質)に合わせて、多様で無数の潜在意識が存在しているのです。そして、それら無数の潜在意識は、それぞれに人生の体験をすべて記憶しているのです。この記憶は、その時の自分(主体)が意識していなかったような、微細で潜在的なものまでも含んでいます。そして、それら無数の潜在意識は、それら記憶や情報を、共有していることもあれば、共有していないこともあります。心のある階層レベルでは、共有されていることが、別の階層レベルでは、共有されていないということもあります。実際のところ、顕在意識に近いレベルでは、多くの経験情報が共有されていません。だから、私たちの日常意識は、こんなにも情報の領域が狭いのです。
 さて、私たちが、気づきと変性意識の探求に取り組みはじめると、忘れていたような記憶や、さまざまな潜在意識が、少しずつ顕在化し、甦って来ることになります。そして、経験や記憶の情報ネットワークが、少しずつつながり、ひろがりはじめるのです。経験や出来事にかかわる、さまざまな系列や傾向性に合わせて、クラスター(群れ)のように、各経験情報の集積や融合、結合が起こるのです。潜在意識の部分的なまとまりが、各方面で生まれて来るのです。それらは、私たちに充実した力を与えます。自分の潜在能力の厚みを実感させるからです。つまりは、私たちの、計り知れない、心の全体性が、姿を現しはじめるのです。この事態は、従来の日常意識にとっては、新しい情報的余剰の状態です。そのため、これが意識拡大のひとつの実感覚(様態)となります。
 そして、各系列の経験情報のクラスター(群れ)が、相互の親和性に即して、それぞれに融合をはじめていくと、私たちの情報領域・経験領域は、さらに加速的に拡大していきます。引火するように、各クラスター同士が融解し、情報的結合が起こりはじめるのです。認知の飛躍的な昂進が起こりはじめるのです。それは、心全体が、流動化をはじめるかのようです。そして、そうなると、世界の見え方も、たちまちに変わってくることとなります。私たちの知覚や感覚自体も変わってくるからです。内的な感覚が、旧来の、プログラムされ、固定化されたフィルタリング機能を離れて、漂流をはじめるのです。そうなると、私たちの内的視覚も変わってきます。それは喩えると、内側から、情報の大海、ある種の透視的な光が、目眩むように射してくる感覚です。つまりは、世界自体も変わってくるのです。世界が、より多層化、多元化して、あたかも、知覚の奥のひろがりの空間に、または意識の諸層に、虹のような光明、流麗な光のエネルギーを感じはじめるようになるのです。そして、それらは最終的に、私たちの人生に、別種のひろがり、流れる虹のような気づきawarenessや、解放された至福のエクスタシィをもたらしてくれるものになるのです。

(抜粋)

 

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

エンプティ・チェアの技法

学習特化サイト

 ↓

エンプティ・チェア・ワークス

変性意識状態(ASC)の、

創造的活用は

 ↓

Xステーツ・テクノロジー

著書

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

内容紹介

 

Amazonページ

『砂絵Ⅰ:現代的エクスタシィの技法

(電子版 or 書籍版)

※現在、特価中

 

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

メルマガ登録

【FG通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト

  ↓

お問い合わせ

  ↓

 コチラ