(蜂の音…)

 

 

 

 

 

蜂の音

 

夏野の

 

つらなり

 

点々と

 

雫する

 

花さき

 

匂い

 

すばやく宙切る

 

黒の描線

 

塗りこむ

 

大気の暑さに

 

さざめく

 

陽光

 

ちりちりと

 

ひたすあかるみの

 

燦々と

 

視覚くらみ

 

白日の奥

 

ひかりさしぬく

 

野の径に

 

暗鬱の

 

一滴

 

さまよわせている

 

首つたう

 

汗のひとすじ

 

恃んだ肉の

 

莢のようしない

 

きつい土手を

 

ぬけるよう

 

這いあがる

 

藪の根のちかく

 

斥候のよう

 

身をひそめ

 

地熱に濃くなる

 

茎のあいだに

 

草の青みを

 

見入るよう

 

嗅いでいく

 

 

 

…………

 

夏岳の麓

 

遠く見る

 

なだらかな山裾

 

古びた廃線の

 

黒い高架

 

国道をはなれ

 

雨痕かわく

 

朽ちた集落を

 

ぬけていく

 

ひとけない山蔭の

 

饐えた小径

 

枝かたい藪を

 

わけいり

 

遺棄された畑を

 

見おろしている

 

土もろい勾配に

 

延びる山径

 

樹林のさきに

 

尾根の後背が

 

息づいている

 

 

 

………

 

見渡す

 

峠のつらなり

 

とおい山峡に

 

流れる銀の

 

ひとすじ

 

緑濃い

 

急峻な岩間に

 

うねった樹根

 

指をかけ

 

高みからおしかかる

 

巨きな岩盤

 

攀じている

 

憑かれた四肢の

 

胆汁の

 

かなしみ

 

角ばった石の径に

 

損耗した

 

肉の重みを

 

擦るよう

 

運んでいく

 

頂きちかくの

 

正午の

 

しずまり

 

照りかえし

 

凝集する

 

陽のあつさ

 

とりつく岩々の

 

白いめまいのよう

 

かすみ

 

真昼のそこを

 

焦げつくよう

 

透けていく

 

けぶれる

 

塵埃

 

陽の射す

 

石のさきざき

 

岩肌に

 

飛沫する

 

火傷のよう

 

午の痕

 

高くまみえる

 

山塊の

 

見あげる

 

峻嶺に

 

巌々に

 

崖をこえ

 

凝視ふみいる

 

空の奥

 

澄みきった碧の震度に

 

知らない記憶を

 

たどっている

 

だから

 

風の

 

故意のしずまり

 

くらい囀づり

 

灌木のあいだに

 

かたい陽ざしの

 

照りかえし

 

ひらけた岩場の

 

擦過する

 

無音のふるえに

 

なっている

 

足を切る

 

低樹の小枝

 

尾根づたいに

 

斜面ゆき

 

大気の厚みに

 

腱のうずきを

 

ぬけていく

 

かれついた白昼に

 

まばゆいものの

 

不意の

 

まぢかさ

 

視つめている

 

見遥かす

 

峰々のつらなり

 

かぐろい峡谷の

 

古代の鬱然

 

躯の奥に

 

尾根むこうの

 

遠い芯

 

つながり

 

梳けるよう

 

在りかを

 

さぐっていく

 

……………

 

 

 

蜂の音

 

夏野の

 

つらなり

 

葉群れうつ

 

黒の描線

 

塗りこむ

 

大気の暑さに

 

白日の

 

蜜のよう

 

陽光

 

風ない小径に

 

樹々のあいだ

 

積乱雲のましろを

 

おっている

 

岩盤むきだす

 

昏い威容

 

いそがれる

 

径ゆきに

 

巨岩の群れの

 

野生の

 

あらがい

 

樹間の

 

群生うつり

 

ぬけていく

 

草叢ひそむ

 

青や白の

 

ちいさな花弁

 

身のうちに

 

濃くなる

 

陰画のよう

 

黒薊

 

視野をかすめる

 

またたく

 

翅音

 

しずまり

 

待機する

 

肉さやけさに

 

痛みのおく繁茂する

 

光のけはい

 

見つめていく

 

 

 

 

 

 

(夏の朝…)

 

 

 

 

 

夏の朝

 

嵐すぎ

 

われるよう

 

澄みきる

 

大気のあつさ

 

海べり

 

見わたす

 

真青のあつみ

 

反射する

 

目痛い

 

まぶしさ

 

砂浜の

 

鳶たちの点影

 

啼き声

 

高く

 

風ない浜の

 

照りかえす

 

陽の

 

烈しさ

 

散らばる流木に

 

歩みの足もと

 

砂のめり

 

躯のふしぶし

 

透きとおす

 

暑さのうねり

 

光はらんだ

 

目路のかなたに

 

あと刻む

 

砂のつらなり

 

陽の奥に

 

昏い喪失の

 

わずかに鎮まり

 

遠く波だつ

 

野生の

 

どよめき

 

重い

 

ひずむよう

 

あわいを

 

聴いていく

 

 

 

…………

 

岬をめぐる

 

晴れた入江

 

鳥影うごく

 

空の高さ

 

護岸工事の

 

かたい重機音

 

路面の

 

黒く艶めき

 

行きあたる

 

路地に

 

暑気の

 

とどまり

 

褪せた案内に

 

古蹟をみとめ

 

石の路を

 

登っていく

 

人いない古道の

 

樹々の繁り

 

細まる山径を

 

ながくぬけ

 

旧蹟の碑

 

ちいさな展望台に

 

たどりつく

 

 

 

見渡される

 

遥かな湾

 

照りかえす

 

かがみのよう

 

しずかな

 

 

さざなみの

 

皺のよう

 

ゆらめき

 

陽の

 

凝集する

 

反射の

 

 

褶曲する

 

湾岸のむこう

 

巨巌の

 

黒く霞み

 

浜にたどった

 

足どりを

 

さがしている

 

 

 

…………

 

雨に

 

うたれていた

 

夜じゅう

 

肌つたう

 

水滴のながれ

 

せまい窪地に

 

うずくまり

 

嵐の来

 

うちつくす

 

雨のはげしさ

 

生である

 

緊い圧搾に

 

雨のそこい

 

漂白されるよう

 

うたれていた

 

……………

 

 

 

陽の射す

 

真黒な翳らい

 

暑さむせる

 

籠りのゆらめき

 

生樹の気の

 

匂いつよさ

 

燐のふるよう

 

視像ちらつき

 

這いのびる樹々の

 

清冽ないぶきに

 

毛孔梳く

 

浄まりのささり

 

岬まく

 

高い山道を

 

登っている

 

いただき向かう

 

蔭ふかい径

 

分岐をかさね

 

みなれぬ草の実

 

見つけている

 

太古のけはいの

 

肉底くいこむ

 

生のはえぎわ

 

猛ける緑樹の

 

根をくぐり

 

草叢の奥

 

しらずに

 

藪に迷いこむ

 

昏い山蔭めぐる

 

夏草の繁茂

 

執拗にからむ

 

悪い蔓の毛ぶかさ

 

ぬかるむ土の

 

異臭の泥黒さ

 

見晴らしもとめ

 

急峻なけもの径を

 

渇くよう

 

あがっていく

 

苔むす倒木を

 

跨ぎこえ

 

巨木の交う

 

秘かな暗緑の森陰

 

ぬけていく

 

見あげる

 

高い樹冠に

 

葉蔭ひらき

 

覗く

 

濃緑の聳え

 

鬱蒼の山嶺

 

射しこむ

 

陽の

 

烈しさ

 

ささめきひしめく暑熱の

 

白昼のしずまりに

 

凝視きしみ

 

砕き

 

伐りだされる

 

青空の

 

原石

 

ないものの奥に

 

眩みの

 

一点

 

澄んでいく

 

 

 

…………

 

よせる

 

潮の泡

 

洞窟の口あらい

 

碧の窪み

 

浪のあかるさ

 

底うつる

 

礁の

 

緑青

 

 

 

(…白熱のよう……)

 

 

 

 

 

…………

 

灌木のびる

 

巌の小径

 

四肢で樹枝つかみ

 

棘だつ草藪を

 

降りていく

 

岬をめぐる

 

昼の山径

 

綿ちらす

 

背のある野の草

 

波うつ

 

羊歯の葉群れ

 

巨大な杉の樹生の

 

翳らいに

 

陰鬱な林立ぬけ

 

見おろされる

 

麓の建物

 

廃れた白い工場

 

谿かかる

 

大きな鉄橋に

 

かすかにきこえる

 

役場の

 

拡声放送

 

朽ちたバス停に

 

ふた昔前の

 

昭和の広告がある

 

灯りのない

 

コンビニ酒屋に

 

埃りをかぶる

 

土産物たち

 

草藪ぬけた

 

熱い余燼に

 

うつし身の

 

わずかに凄み

 

指先に

 

注視するよう

 

光が

 

よせている

 

……………

 

………

 

土地をはなれる

 

列車に見る

 

午後の入江

 

燦燦と

 

ひたすあかるみに

 

黒い巌々の

 

奇岩の姿

 

見つめる

 

砂浜の

 

遥かに

 

つらなり

 

澄みきる

 

大気のあつさに

 

海べり

 

見わたす

 

真青のあつみ

 

反射する

 

目痛い

 

まぶしさ

 

水平線の

 

彩り透ける

 

碧翠に

 

鉱石のよう

 

硬い

 

恍惚

 

きこえる

 

詠唱の

 

かすかな歌声

 

儀式の終わりに

 

樹々の下

 

露営をたたみ

 

雨の痕

 

濡れた敷布を

 

ぬぐっている

 

道具をしばり

 

ゴミをひろい

 

囲んだ火のあとに

 

土を戻していく

 

撒かれる

 

祈りの言葉

 

のぼっていく

 

水底の泡だち

 

いくすじもの水沫に

 

身うちの

 

さざめき

 

透きとおり

 

像をなす

 

けばだち

 

飛沫

 

過ぎさった

 

車内の音声に

 

遅れて気づく

 

担ぎあげる荷物の

 

なれた重さ

 

乗換駅に

 

山気はただよい

 

人いない階段を

 

あがっていく

 

 

 

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

エンプティ・チェアの技法

学習特化サイト

 ↓

エンプティ・チェア・ワークス

変性意識状態(ASC)の、

創造的活用は

 ↓

Xステーツ・テクノロジー

著書

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

内容紹介

 

Amazonページ

『砂絵Ⅰ:現代的エクスタシィの技法

(電子版 or 書籍版)

※現在、特価中

 

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

メルマガ登録

【FG通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト

  ↓

お問い合わせ

  ↓

 コチラ