【PART1 Basic】ゲシュタルト療法 概論/目次

◆ケンタウロスの領域としての心理療法 ゲシュタルト3.0へ

 

さて、ゲシュタルト療法は、

通常、心理学の歴史の中では、

「自己実現」や「至高体験」のコンセプトで、有名なマズローらの「人間性心理学」の中に、分類されるものです。

 

「人間性心理学」は、

第二次大戦前の、フロイトらの「精神分析」や、

スキナーらの「行動主義」に継ぐ、

第三の勢力と位置づけられています。

 

ところで、

その後の世代の、

トランスパーソナル心理学の理論家、

ケン・ウィルバーは、

その「意識のスぺクトル」理論の中で、

ゲシュタルト療法を、

「ケンタウロス」の領域にある心理療法であると、

位置づけました。

この位置づけとイメージ(メタファー)は、

なかなか、言い得て妙でもあるので、

このことが指している意味合いを、

はじめに見ておきたいと思います。

 

まず、ウィルバーは、

世界のさまざまな心理療法を、

タイプ分けするにあたって、

「人間が行なう、心の抑圧と分裂を、

どのようなポイント(自己と他の境界線)に見るのか」

「何と何を統合して、自己の統合と見なすのか」

ということを要点にして、

各心理療法の理論を、

マップ上に、位置づけました。

 

下図が、その図式です。

この視点は、そもそも、

各心理療法が、

「人間の主体性や全体性」を、

どの範囲で考えるのか、

という観点と同期するものです。

 

下にいくほど、統合するものの範囲が、

広くなっているという図表です。

 

その本人が、

「『意識や主体』として、

何に、同一化しており、

逆に、何を『無意識や客体、他者』として、

抑圧・排除しているのか」

「人間が、統合(治癒)されるとは、

何と何が、統合されることなのか」

その答えが、各流派によって、

大雑把に、タイプ分けできるというのが、

ウィルバーのアイディアでした。

上の図では、オレンジ線の、

左側が「意識や主体」、

右側が「無意識や客体、他者」

となっています。

 

例えば、

現在の多くの心理療法が、

(近代的文化自体そのような立場ですが)

健全な「自我」が、確立されることが、

心理的な統合であると、

見なしています。

その場合は、

「仮面」(偽りの自己像)を主体として、

「影」を抑圧してる人々に対して、

「影」の部分を意識化し、

主体に、統合させていくことが、

治療的アプローチとなっていきます。

 

人間の中で、

偽りの自己像(仮面)を維持するために、

都合の悪い感情を抑圧することで、

「影」が生まれるのです。

 

当人が、

この都合の悪い感情を、

受け入れていくことで、

ニセの自己像(仮面)と、

「影」の存在が、

溶け出し、融合し、

健全な「自我」主体が、

確立されてくるというのが、

その理論と実践アプローチとなります。

 

しかし、

別の流派(心身一元論派)の視点からすると、

このような「自我」主体の確立だけでは、

統合が、不十分(部分的)であると見なされます。

そこでは、「身体」が、

抑圧され、排除されているからです。

 

しかし、

心身一元論的な心理療法の中では、

身体の中にこそ、重要な感情や表現、

生の基盤があると、

考えられているのです。

そこでは、「有機体」全体を、

「全身全霊」の、

ひとまとまりの全体性として、

主体として生きられることが、

必要な「統合」だと、

考えられているのです。

 

ところで、このような、

心と身体を合わせた「有機体」全体を、

主体と見なす、

心身一元論的な心理療法各派を、

ウィルバーは、

ケンタウロスの領域の心理療法であると、

見なしたのでした。

心身一元論的な心理療法各派は多く、

フロイトの弟子のヴィルヘルム・ライヒの、

理論と実践から出発しています。

 

ゲシュタルト療法は、

ボディワークを主体とした、

ローウェン(ライヒの弟子)の、

バイオエナジェティックスらとともに、

この領域の心理療法に、

位置づけられています。

 

この位置づけは、

有機体全体の生命力を、

溢れるように発現させる、

ゲシュタルト療法の位置を、

正確に示しているとも、

思われるのです。

そして、また、

その生命力の拡張された流動性と、

セッションで現れる変性意識状態(ASC)ゆえに、

充分にこなしていくと、

隣接したトランスパーソナル(超個的)な領域も、

自然に開いてくる、

ゲシュタルト療法の性格をも、

よく表現しているように思われるのです。

 

ところで、

ケンタウロスとは、

ギリシャ神話に出てくる、

半人半馬の存在です。

腰から上が人間、

腰から下が馬の姿となっています。

人間の精神性と、動物の野生性とを、

結合させたシンボルとなっています。

馬のような、力強い速さで、

走る存在なのでしょう。

このイメージは、

私たちが、通常、想定するものより、

大きなパワーを持っている、

生命有機体の、自然の潜在力を、

よく表しているようにも思われます。

ウィルバーが、このイメージを採用したのも、

その力のポテンシャルゆえでしょう。

 

そして、

この神話上の存在の姿は、

ゲシュタルト療法の持っている、

野生的で、遊戯的な、

十全な生命を発露する、

その方法や姿勢を、

なかなか上手く表現しているとも、

思われるのです。

 

 

さて、このパートでは、

当スペースの基礎的な方法論である、

ゲシュタルト療法と、関連事項について、

まとめています。

 

1.ゲシュタルト療法【基礎編】

 

→基本的な理論や用語についてまとめています。

 

2.ゲシュタルト療法【実践・技法編】

 

→具体的なセッションのプロセスや技法について、

 解説をしています。

 

3.ゲシュタルト療法【応用編】

 

→応用事項から、

 周辺のポイントまでを、解説しています。

 

4.「セッション(ワーク)の実際」

 

→当スペースの、

 ゲシュタルト的なセッションが、

 どのように進められて、

 また、どのようなことが体験されていくのかを、

 プロセスにそって、解説しています。

 

「セッションで得られる効果と成果」

 

→ゲシュタルト的アプローチによる効果と、

 人生で役立てっていく成果について、

 解説しています。

 

「なぜ、ゲシュタルトなのか 出会いと選択」

→筆者自身が、なぜ、ゲシュタルト療法(的アプローチ)を、

 方法論として採用したかの経緯を、

 解説したものとなっています。

 このことで、ゲシュタルト療法の特徴や、

 卓越性を、理解いただけると思います。

 

※ゲシュタルト療法については、

基礎から実践までをまとめた総合的解説、

拙著『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』

をご覧下さい。

 

 

▼▼▼【メルマガ登録】▼▼▼

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい! ↓

 ↓動画「ゲシュタルト療法 概論/目次」

 

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

 

 

↓ゲシュタルト療法の基本については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

フリー・ゲシュタルトな気づき 流れる虹のマインドフルネス

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

freegestaltworks.TV

エンプティ・チェアの技法

学習特化サイト

エンプティ・チェア・ワークス

変性意識状態(ASC)の創造的活用は

Xステーツ・テクノロジー

新刊案内

『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』

内容紹介 

Amazonページ

『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』

(電子版 or 書籍版)

※kindle無料アプリは、

コチラ

※現在、特価中(300円)

 

著書

『気づきと変性意識の技法: 流れる虹のマインドフルネス』

内容紹介

Amazonページ

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス

(電子版 or 書籍版)

※kindle無料アプリは、

コチラ

※現在、特価中(300円)

 

 

著書

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

内容紹介

Amazonページ

『砂絵Ⅰ:現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容

(電子版 or 書籍版)

※kindle無料アプリは、

コチラ

※現在、特価中(500円)

 

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

コチラ

セッションで得られる効

コチラ

メニュー・料金

コチラ

プロフィール

コチラ

▼【メルマガ登録】▼

 

【freeGestalt通信】

魔法を手に入れる、気づき・変性意識・ゲシュタルト  ///流れる虹のマインドフルネス

 

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい!

お問い合わせ

コチラ