禅と日本的霊性について

ゲシュタルト療法に関係して、

触れられるエピソードのひとつに、

パールズが、日本で、

参禅をしたという話があります。

その影響についての、

例証のように語られます。

 

実際、パールズの自伝に、

そのことへの言及がありますが、

ヒント以上の強い印象を持たなかったようにも、

見受けられます。

 

しかし、ゲシュタルト療法の中には、

確かに、禅と共通する点が、

本質的なレベルで存在するのです。

パールズの直観力、

野生的な勘の良さと、

いうべきかもしれません。

 

気づきawarenessの力に対する洞察は、

ゲシュタルト療法の効果や原理を、

各種の瞑想技法との比較の中で、

検証する機会となります。

 

 

◆禅とゲシュタルト療法

さて、〈気づき〉力の理解において、

また、その実践を通した達成において、

禅とゲシュタルト療法は、

近いところにあるというのが、

当スペースでの考えです。
 

ただ、それぞれの利点や特徴がありますので、

各々の利点を活かして、実践することが、

気づきの力を深めるポイントとなると考えられます。

 

 

ゲシュタルト療法の、禅に対する利点

 

ゲシュタルト療法の利点とは、

心理療法であるが故の、

心理・感情面の取り扱い方と、

そのダイナミックな解放作用です。

 

人格における、感情や対人関係のあり様を対象にして、

心理的な統合を進めていくが心理療法です。

そのため、人格的統合を、速やかに成長させることができます。

 

一方、禅は、静的な集中が基本のため、

気づきの力は鍛えられますが、

ダイナミックな感情的解放や統合は、

直接的には促進されません。

場合によっては、

静観的な固定化により、感情的な問題が、

解離されてしまう場合もあります。

感情的な統合が進まない、

ということもあります。

 

 

禅の、ゲシュタルト療法に対する利点

 

禅の利点とは、気づきへの集中と留まりです。

ゲシュタルト療法は、気づきのセラピーというわりには、

この点が、おろそかになりがちです。

 

というのも、ゲシュタルト療法は、

セッションが、強烈な、感情的なカタルシスをもたらします。

そのため、そのことに気が取られて、

気づきの力によって、体験を対象化したり、

自己を対象化することが、おろそかになりがちなのです。

しかし、この気づきの力が弱いと、

体験を抱える統合過程が進まないのです。

また、感情的なカタルシスを求めて、

セラピーに通うという、本末転倒なことが起こります。

感情的体験と、気づきの力が、同期してこそ、

人格的な統合が進められるのです。


そのため、これらの要点、意識した上で、

各手段を上手く使っていくことが、

精神の深化のためには必要なのです。

 

ところで、、スポーツには、

「クロス・トレーニング」というものがあります。

自分の専門以外の競技をすることにより、

自分の専門分野では鍛えられない、

肉体や、身体能力を鍛えるものです。

そのことにより、総合的な身体能力が高まり、

結果として、専門ジャンルでの能力も、グッと高まるのです。

 

それと同様に、参禅や、ゲシュタルト療法、

また、その他の体験的心理療法を、

自由に交えながら、

私たちの心のさまざまな能力を、

鍛錬していくことが、

心の総合力や統合を高めていくには、 

必要なことだと思われるのです。

 

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

フリーゲシュタルト・

メールマガジン登録

  ↓

 コチラ

お問い合わせ

  ↓

 コチラ