ゲシュタルト療法とは 【実践・技法編】

さて、【基礎編】では、

ゲシュタルト療法が、前提としている理論や、

人間のとらえ方について、見てみました。

 

【実践・技法編】では、

そのような前提に基づいて、

ゲシュタルト療法が、

実際に、どのような(治療的)セッションを行なうのか、

技法的な側面について、見ていきたいと思います。

 

ゲシュタルト療法を含めた、

体験的心理療法の各派は、

普通のカウンセリングとは違って、

何らかの能動的な介入技法や、

実践技法を持っています。

 

ゲシュタルト療法においても、

セッション(ワーク)の実践や、

技法的な側面が、

その大きな特徴となっています。

また実際に、セッション(ワーク)を体験してみて、

その世界観が、

はじめて意味を持ってくるのです。

 

ワークとはⅠ 目的と効果

ワークとはⅡ 過程と構造

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅰ

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ

ボディ・シグナルへの介入

夢のワーク

心理学的な人格統合


 

【第一部 ゲシュタルト療法関連】

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

 

【第二部 気づきと変性意識】

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【第四部 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

フリーゲシュタルト・

メールマガジン登録

  ↓

 コチラ

お問い合わせ

  ↓

 コチラ