変性意識状態(ASC)とは 【基礎編】

はじめに

ゲシュタルト療法(心理療法)における、

治癒作用や、心理プログラムの改善、

または、潜在能力の開発など、

心の能力や構造を、

理解するのに際して、

「変性意識状態ASC」という、

有意義な概念があります。

 

変性意識状態Altered state of consciousnessとは、

カリフォルニア大学の

心理学者チャールズ・タート博士により、

有名になった意識状態の定義ですが、

通常の、日常意識以外の、

さまざまな意識状態を指した総称です。

 

日常意識以外の、各種の意識状態、

瞑想状態、催眠状態、トランス状態、

向精神薬物による酩酊状態、神秘体験などです。

広くは、体外離脱体験(OBE)、

フロー体験(flow experience)なども、

含まれると考えてもいいかもしれません。

 

この変性意識状態(ASC)と、

通常の日常意識との間に、

情報的な連絡やつながりを持てるようになると、

私たちの世界や能力は、

ずっと広がりをもったものになっていきます。

 

ところで、

哲学者ウィリアム・ジェイムズは、

著作『宗教的体験の諸相』の、

よく引かれる文章の中で、

以下のように記しています。

 

「…それは、私たちが合理的意識と呼んでいる意識、

つまり私たちの正常な、目ざめている時の意識というものは、

意識の一特殊型にすぎないのであって、

この意識のまわりをぐるっととりまき、

きわめて薄い膜でそれと隔てられて、

それとまったく違った

潜在的ないろいろな形態の意識がある、

という結論である。

私たちはこのような形態の意識が

存在することに気づかずに生涯を送ることもあろう。

しかし必要な刺激を与えると、

一瞬にしてそういう形態の意識が

まったく完全な姿で現れてくる。

それは恐らくはどこかに、その適用と適応の場をもつ

明確な型の心的状態なのである。

この普通とは別の形の意識を、まったく無視するような

宇宙全体の説明は、終局的なものではありえない。

問題は、そのような意識形態をどうして観察するかである。

―というのは、それは正常意識とは

全然つながりがないからである。
(中略)

いずれにしても、そのような意識形態は

私たちの実在観が性急に結論を出すことを禁ずるのである」

(桝田啓三郎訳『宗教的体験の諸相』岩波書店)

 

変性意識状態について考える際に、

参考となる観点です。

 

以下では、この変性意識状態が、

どのような特徴を持つものなのか、

また、どのように、私たちの役に立つのかについて、

検討してみたいと思います。

 

 

◆心理療法と変性意識状態

 

まずは、心理療法における、

その有効性から考えてみましょう。

 

心理療法とは、

不調和をきたした心理的プログラミングを、

再プログラミング(プログラム修正)することを、

目的としたものです。

ところで、

この再プログラミングをするに際して、

程度の深浅はありますが、

日常意識ではない、

この変性意識状態にアクセスすることが、

必要となります。

 

というのも、

日常意識そのものは、

既存の深層プログラムによって、

産み出された表象機能であり、

その日常意識からでは、

当然ながら、

自身を創り出している基底的プログラム自体を、

書き換えることはできないからです。

別の経路(情報システム)から、

自己の基盤に、介入アクセスして、

プログラム修正することが、

必要となるわけです。

その際に、

この変性意識状態が、

利用されるわけです。

 

ところで、実際のところ、

変性意識状態そのものには、

とても簡単に入れるものです。

 

しかしながら、

その状態において、

自分たちの望むような形で、

情報を操作することは、

(心理的なプログラム修正することは)

簡単には行なえません。

 

それは、生体の運営上、

セキュリティの問題(危険)がありますので、

セキュリティ・システムが、

設けられているからです。
そのため、私たちは、

自分でさえ、簡単には、

プログラム修正できないのです。

 

また、それを行なうには、

セキュリティ・システムをかいくぐる、

スキルが必要となるわけです。

 

セッションの中で、

軽度な変性意識状態に移行する、

ゲシュタルト療法(心理療法)は、

そのようなスキルを磨く、

機会となっていくものでもあります。

 

 

変性意識状態(ASC)とはⅠ

 

さて、変性意識には、

色々な状態があります。

しかし、それら自体は、

特別なものではありません。

私たちの、

日常意識との対比の中で、

変性意識状態は、

その特異な性格を現すのです。

 

変性意識状態は、

日常意識からの距離によって、

軽いものから、極端なものまで、

多様なスペクトルをもっています。

 

日常生活の中でも、

意識は、ふと緩んだ時に、

軽度な変性意識状態に入っていきます。

 

ちょっとボーとしている時。

何かに没頭している時。

さまざまな機会に、

私たちはするりと、

変性意識の状態に、移行しているのです。

 

また、

人間関係(関係性、relationship)の中では、

人は、容易に、

無意識の力に惹きこまれて、

軽度な変性意識の状態に移行します。

 

恋愛や性愛関係、家族関係、

組織内における関係性など、

集合的(集団的)な無意識が、

活性化しやすいところでは、

人は、容易に、

憑依されるように、

変性意識状態に巻き込まれていきます

 

意識のフレーム(枠)自体は、

滑らかに変性意識に移行するので、

変性意識状態に入っていても、

それと気づかれない場合が多いのです。

主観的には、

ふと気づきを得るまで、

ほとんど差異を感じないのです。

 

そのような変性意識状態の中で、

時により、あまり気づかずに、

私たちは、より冴えた直観力を働かせ、

優れた創造力を発揮したりもしているのです。

また、悪い場合は、

犯罪をおかしたりしているのです。

 

また、意図的に、変性意識に入る方法としては、

伝統的には、各種の瞑想技法や

向精神薬物の使用などが知られています。

 

心理療法においては、

セッションの過程の、くつろいだリラックス感や、

内的な感覚集中を通して、

ごく自然に、変性意識状態に入っていきます。

その変性意識状態の中で、

日常意識では、

アクセスできなかった深層の、

プログラムにアクセスして、

その情報を書き換えていくこととなるのです。

 

それは、

変性意識状態(ASC)の中では、

日常意識とは違った形で、

多様なエネルギー、情動、情報の流動性が、

高まるからです。

(それに気づくことができるからです)

そして、

そのような状態(空間)の中で、

通常とは違う形で、

微細な情報の操作や統御が、

可能となるのです。

 

そのため、

意図的に、変性意識状態に入るスキルや、

その中で、エネルギーを方向づけたり、

情報を操作する訓練をしておくことは、

心理療法的な治癒や、

潜在能力を開発するためにも、

とても有効なこととなっているのです。

 

また、逆にいうと、

心理療法のスキルに習熟することは、

これらの能力を、

高めることにもなるのです。

 

そして、この点こそが、

心理療法と、

伝統的なシャーマニズムの、

類似点ともなっているのです。

 

 

変性意識状態(ASC)とはⅡ

また、変性意識状態には、

さきのジェームズの文章にあるような、

私たちの日常意識から、

大きく逸脱した、

未知の変性意識状態もあります。

 

そのイメージは、喩えると、

ラジオのチューニングのようです。

たとえば、

私たちのラジオ(意識)は

通常AMNHK放送にチューニングが合っており、

その放送を聞いており、それだけが、

現実(世界)だと思っています。

この例では、NHK放送が、日常意識であり、

その放送内容が、日常現実です。

 

それが、何かの拍子で、ラジオのツマミが動かされて、

別の放送局(変性意識状態)にチューニングが合い

別の放送内容(現実)が、聞こえてきたりします。

 

人類学者カルロス・カスタネダの著作の中に

「集合点」と呼ばれる、

知覚情報を編成するポイント(結節点)が

言及されています。

集合点が動くと、

私たちは、私たち自身であることを失い、

その現実も溶解し、まったく別物になっていくのです。

カスタネダのいう、集合点が、

厳密に、何を意味しているのかは分かりませんが、

比喩的には、そのイメージは大変示唆的と思われます。

 

体験的心理療法を、

急激に推し進めると、まれに、

そのように、「集合点」 が動いたかのような、

強烈な変性意識体験をすることがあります。

それは、私たちを、

未知の体験領域に、投げ込むことになります。

(心身に混乱をきたすケースもあります)

 

アメリカでは、体験的心理療法も盛んなため、

スタンフォード大学にいた、

精神科医のスタニスラフ・グロフ博士は、

そのような、さまざまな変性意識体験の事例を、

多数研究報告しています。

また、そのプロセスについての、

サポート・システムについても、

多数記し、支援活動を行なっています。

http://hive.ntticc.or.jp/contents/interview/grof

 

そしてまた、

とても重要なことは、

このような変性意識状態の体験自体が、

深い治癒効果を、

持っているということなのです。

 

変性意識体験が、

人の深層的プロセスを活性化し、

深い治癒能力を賦活し、

人間の心身を、不可逆的に、

変容・刷新してしまうという点なのです。
 

ブリージング・セラピー事例

 

 

………………………………

 

 

さて、筆者自身、

さまざまな変性意識体験を持ちましたが

それらが、私たちを導いていく、

体験領域の広さや、治癒作用、

意識の拡張については、

多くの実感を得てきました。

 

それらは、私たちを、

深い部分から、自律的に癒し、刷新する、

自然の潜在能力なのです。

 

当スペースでは、

そのように、

変性意識状態を、

治癒の潜在能力として、

実践面でも重視し、

利用していきます。

 

セッションにおいても、

クライアントの方が、

それら変性意識状態の秘められた潜在力を、

自分で活かせるようになることを意識して、

各種取り組みを進めていきます。

 

そのことが、

長い目で見た場合に、

最終的に、

クライアントの方が、

自身で、癒しと創造力を活用していくのに、

決定的に役立つものと、
考えているからなのです。

 

 

※変性意識状態(ASC)への

統合的なアプローチについては、拙著↓

『砂絵 現代的エクスタシィの技法』

をご覧下さい。

 

 

 

 

 

フロー体験とフロー状態について

 

【第一部 ゲシュタルト療法関連】

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

 

【第二部 気づきと変性意識】

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【第四部 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

メニュー/料金

著作紹介

お問い合わせ

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

フリーゲシュタルト・

メールマガジン登録

  ↓

 コチラ

お問い合わせ

  ↓

 コチラ