①ゲシュタルト療法とは はじめに

ゲシュタルト療法 gestalt therapyは、

フリッツ・パールズ Fritz Perlsらによって

創始された心理療法であり、

主に、1960年代後半、

パールズが晩年をすごした、

米国西海岸のエサレン研究所

中心に、一般的には広まりました。

 

1960年代の当時、グループ・セラピーである、

エンカウンター・グループ encounter groupなどとともに、

「自己成長のための心理療法」として、

ゲシュタルト療法は、注目を集めたのでした。

 

当時は、

治療のためだけに心理療法を受けるのではなく、

人々が、

自分の問題解決や、能力の開発、

また、心の可能性を探るために、

新しいタイプの心理療法(体験的心理療法)を、

試してみたのです。

 

「私は、以前より、開かれ自発的になりました。

自分自身をいっそう自由に表明します。

私は、より同情的、共感的で、忍耐強くなったようです。

自信が強くなりました。

私独自の方向で、宗教的になったと言えます。

私は、家族・友人・同僚と、より誠実な関係になり、

好き嫌いや真実の気持ちを、

よりあからさまに表明します。

自分の無知を認めやすくなりました。

私は以前よりずっと快活です。

また、他人を援助したいと強く思います」

(ロジャーズ『エンカウンター・グループ』畠瀬稔他訳、創元社)

 

これは、

エンカウンター・グループ体験者の言葉ですが、

心のしなやかさの獲得は、

体験的心理療法のセッションを深めて、

それが、心理的な統合を達成した場合の、

共通した要素ともいえます。

ゲシュタルト療法においても、

同様の心理的統合が、実感されていきます。

 

 

◆気づきの力

 

ところで、

ゲシュタルト療法では、

「気づき」awarenessの能力というものを、

とても重視します。

そこに、心理的な変化を生み出す、

重要な能力を見るのです。

 

パールズは言います。

 

「『気づく』ことは、クライエントに

自分は感じることができるのだ、

動くことができるのだ、

考えることができるのだということを

自覚させることになる。

『気づく』ということは、

知的で意識的なことではない。

言葉や記憶による『~であった』という状態から、

まさに今しつつある経験へのシフトである。

『気づく』ことは意識に何かを投じてくれる。」

 

「『気づき』は常に、現在に起こるものであり、

行動への可能性をひらくものである。

決まりきったことや習慣は学習された機能であり、

それを変えるには

常に新しい気づきが与えられることが必要である。

何かを変えるには別の方法や考え、

ふるまいの可能性がなければ

変えようということすら考えられない。

『気づき』がなければ

新しい選択の可能性すら思い付かない。

(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

 

このように、

「今ここの気づき」のなかに、

変化の因子が潜んでいるのです。

 

何かが変化するとしたら、

それは、

「今ここ」

でしか起こらないのです。

 

セッションの中では、

このような、

「今ここでの、気づきの能力」

を利用して、

さまざまな取り組みを行なっていきます。

 

クライアントの方は、

セッション空間の中で、

実験的に、

新しい自己表現を試してみる中で、

「自分が、新しい行動をとれること」

「自分が、新しい感情を味わい、表現できること」

をまざまざと実感していきます。

 

子どもの頃のように、

自分が、可能性に満ちた存在であることを、

実感していくのです。

 

そのようなセッションを重ねることで、

確実な変化を、

実現することができるのです。

 

 

……………………………………………………

 

さて、

ゲシュタルト療法が広まった当時は、

カウンター・カルチャー(対抗文化)的な思潮の、

盛んな時期でもありました。

のちにアップルをつくる若きスティーブ・ジョブズが、

サンフランシスコ禅センターなどに、

通ったような時代です。

 

そのような時代の雰囲気の中で、

ゲシュタルト療法のもっている、

風変わりで直截的なスタイルが、

そのめざましい治癒効果とあいまって、

注目を浴びたのでした。

 

しかし、時代の流行も去って、

ゲシュタルト療法も、

さまざまな効果検証を経ながら、

時代とともに、そのスタイルやアプローチ方法を、

洗練させてきました。

時代によっても、個人の療法家によっても、

そのスタイルは多様です。

 

ただ、ゲシュタルト療法の持っているエッセンスは、

今も変わらずに、

その可能性と有効性を、

秘めているといえます。

 

当スペースでは、

そのようなゲシュタルト療法を使って、

心の悩みの癒し、

人間関係の改善、

自信の回復、

能力や創造力の開発など、

さまざまな心理的サポートを、

提供しています。

 

※ゲシュタルト療法の効果は

→「セッションで得られる効果」

 

※実際のセッションのイメージは

→「セッション(ワーク)の実際」

 

※当スペースについて

→フリー・ゲシュタルト・ワークス

↓動画解説

freegestaltworks.TV

 

【基礎編】

基本概念 ゲシュタルトの形成と破壊のサイクル

気づきの3つの領域

やり残した仕事 未完了のゲシュタルト

複数の自我(私

葛藤の構造 生きづらさの仕組み

心身一元論的なアプローチⅠ

心身一元論的なアプローチⅡ


 

【実践・技法編】

ワークとはⅠ 目的と効果

ワークとはⅡ 過程と構造

ワークとはⅢ 創造的解決法

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅰ

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ

ボディ・シグナルへの介入

夢のワーク

巡回対話の技法

心理学的な人格統合

 

セッション(ワーク)の実際

 

【応用編】

葛藤解決の方法(ポイント)

葛藤解決 ネガティブな感情の扱い方

 

【その他】

心理的変容の見取り図

体験的心理療法

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

著作紹介

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

お問い合わせ

ホーム

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

フリーゲシュタルト・

メールマガジン登録

  ↓

 コチラ

お問い合わせ

  ↓

 コチラ