【PART2 Standard】気づきと変性意識の技法 基礎編

 

◆気づきと変性意識の技法 統合的な方法論

 

当スペースでは、

私たちの心の働きを整え、

能力を拡張する、

基本的な方法論として、

「気づきawareness」「変性意識状態(ASC)」

という、二大原理を置いています。

煎じ詰めれば、世界中の、

多くの伝統的な精神探求の方法論も、

そのようになっています。

 

気づきawarenessとは、

通常の意識や注意力よりも、

高い(上位、メタ)レベルにある心的機能です。

マインドフルネスが働く領域です。

 

この点についていうと、

実は、通常、私たちは、

日々の生活の中で、

自分自身についても、周りのことについても、

あまり気づけていない状態にある、

というのが、現状なのです。

(少し、夢想的・解離的な状態にあります)

 

そのため、

この気づき awareness (マインドフルネス)の状態を、

より堅固に保てて、

自分の心のエネルギーにつながることで、

私たちに、

自由と変化がもたらされることになるのです、

 

また、当スペースでは、

仮にですが、

心の状態のあり様として、

「流動化」「組織化」「焦点化」という、

3つの組成のあり様を、

区分しています。

 

これらの基本原理のセットから、

ゲシュタルト療法の原理も再理解し、

心が持っている能力や創造力を、

検討していくこととなります。

 

実際、ゲシュタルト療法を充分にこなしていくと、

私たちは、心のとらわれをなくし、

いわば、「流動化」したような状態となります。

 

それは、弛緩した、自由で楽な状態です。

解放された、素晴らしい状態です。

 

しかし、残念ながら、

それだけでは、

人生で、大きな成果や、

独創的なアウトプットを、

創り出していくことはできないのです。

(また、より、階層を上がった、

真の自由には行き着かないのです)

 

とらわれをなくし、「流動化」し、

自由となった素材や情報をもとに、

それらを再び、

新しい形に「組織化」したり、

目的に向けて、「焦点化」することが、

人生に、結果を生み出すことになるのです。

人生に「違い」をもたらすことになるのです。

また、次のレベルの自由を、もたらすのです。

 

当スペースでは、

ゲシュタルト療法の実践を、

ベースにした上で、

変性意識状態(ASC)その他の、

さまざまな知見や方法論をプラスすることで、

(心理療法の世界観を超えて)

私たちが、

通常、経験している体験領域よりも、

一段階、自由で、高い存在状態に、

私たちの能力や意識を移行させることを狙います。

 

その高能力化した状態stateを、

当スペースでは、

Standard(標準)の状態としています。

 

このようなガイドライン(視座)の設定が、

標準のマインドセットを構成し、

私たちを、

より堅固な気づきの状態に保つのです。

そしてまた、

より優れたアウトプット(成果物)を、

導くことになるのです。 

 


◆学習理論から見た、心理療法の仕組みと利点

ここでは、

PART1 Basicゲシュタルト療法の、
効果原理の構造的理解として、
グレゴリー・ベイトソンの学習理論を参照にして、
諸々を確認してみたいと思います。

ベイトソンの学習理論とは、
一次学習(学習Ⅰ)、二次学習(学習Ⅱ)、三次学習(学習Ⅲ)と、
何かを学習する取り組みの中で、
直接的な学習(一次学習)に対して、
そのコンテクスト(文脈)についての学習も、
同時に、上位階層の学習として、
発達していくという理論です。

コンテクスト(文脈)化とは、

生物が、世界の諸要素を関係づける、

システムのようなものです。
形態・構造としては、

集合論のように、

メンバー(要素)とクラス(類)が、
階層構造をなして、
意味が、機構的に構成されるということです。

たとえば、

論理レベルでは、

通常、「動物」というクラス(類)の中に、
「ライオン」や「ロバ」というメンバーはいますが、
その並びのメンバーに、
「動物」というメンバーがいてはいけないのです。
階層機構が、

上手く稼働しません。

何かの物事を、意識的に学習している時も、
バラバラでナマな体験(情報)内容に対して、
背後の無意識的な過程においては、
同時に、関係づけ、構造化、コンテクスト化が、

組織化されていくということです。

 

そのことで、体験内容は、
要素と類に区別され、階層化され、
より構造的・機能的に、
「経験」として、

再編成(二次学習)されていく、
というわけです。
「学習すること自体」が、

同時にメタ学習されているのです。

生物にとっては、

生を的確かつ効率化する機能なのでしょう。


例えば、ひとつの外国語をマスターすると、
通常、第二外国語をマスターすることは、

容易くなります。
「外国語を学習する」こと自体(そのコンテクスト)が、
コツとして学習されたからです。

内部で何かが、構造化されたからです。

ある乗り物の運転を覚えると、
他のジャンルの乗り物の操縦も容易くなるのです。

整理すると、

以下のような階層構造になります。

・0次(0) 学習がない
・一次(Ⅰ) 学習する
・二次(Ⅱ) 「学習する」ことを学習する
     「学習すること」についてのコンテクストを学習する
     →「行為と経験の流れが区切られ、
      独立したコンテクストとして括りとられる、その括られ方の変化。
      そのさいに使われるコンテクスト・マーカーの変化を伴う」
      ベイトソン『精神の生態学』佐藤良明訳(新思索社)
・三次(Ⅲ) 「『学習する』ことを学習する」ことを学習する
     →「学習すること」についてのコンテクスト化を
      再編集(再コンテクスト化)する。
 
二次、三次の学習は、

その生体の任意の組織化(コンテクスト化)といえます。

通常、芸事や技芸に上達することは、

大体、このように推移します。
二次学習のレベルが上がると、

技は、グッと次元を超えてよくなります。
上位階層の学習能力が育っていくと、
下位階層の学習力自体も、

的を得たものになり、
下位の能力を、

ハンドリングする能力自体も高まるようです。

さて、ところで、

興味深いのは、

ベイトソンは、精神医学的な研究から、
私たちの、通常の「心」も、習慣による、
そのような二次学習の結果であると、

洞察している点です。
そして、それを変化させるのが、
より上位レベルの三次学習(学習Ⅲ)であるという点です。

二次学習発生の由来が、おそらく、
問題解決に費やされる思考プロセスの経済性である、
と指摘したうえで、以下のように記します。

「『性格』と呼ばれる、

その人にしみ込んださまざまの前提は、
何の役に立つのかという問いに、
『それによって生のシークェンスの多くを、
いちいち抽象的・哲学的・美的・倫理的に分析する手間が省ける』
という答えを用意したわけである。
『これが優れた音楽がどうか知らないが、しかし私は好きだ』
という対処のしかたが、

性格の獲得によって可能になる、という考え方である。
これらの『身にしみついた』前提を引き出して問い直し、
変革を迫るのが学習Ⅲだといってよい」(前掲書)

「習慣の束縛から解放されるということが、
『自己』の根本的な組み変えを伴うのは確実である。
『私』とは、『性格』と呼ばれる諸特性の集体である。
『私』とは、コンテクストのなかでの行動のしかた、
また自分がそのなかで行動するコンテクストの捉え方、
形づけ方の『型』である。
要するに、『私』とは、

学習Ⅱの産物の寄せ集めである。
とすれば、Ⅲのレベルに到達し、
自分の行動のコンテクストが置かれた
より大きなコンテクストに対応しながら

行動する術を習得していくにつれて、
『自己』そのものに一種の虚しさirrelevanceが

漂い始めるのは必然だろう。
経験が括られる型を当てがう存在としての『自己』が、
そのようなものとしては

もはや『用』がなくなってくるのである」
(前掲書)

さて、ここで、彼が指摘している事態が、
PART1 のゲシュタルト療法のところで見た、
エンプティ・チェアの技法などの効果の原理と、
重なっていることが、見て取れると思います。

それらセッション(ワーク)の中においては、
軽度な変性意識状態(ASC)に入ることで、
習慣化した悪しきプログラム(二次学習)が、
ありありと浮かび上がって来ます。
それらを、三次学習的に、

プログラム修正することが、
行なわれていくのです。


◆階層を超える飛躍 パブロフの犬か、ベイトソンのイルカか

さて、このような階層を超える学習について、
ベイトソンは、『精神と自然』(新思索社)の中で、
興味深い事例を挙げています。

或るイルカショーでは、
「毎回、イルカに『新しい芸』を教えることができる」
ということを売り物にすることを考えたそうです。

つまり、毎回、そのステージ(セクション)で、
イルカが、或る「新しい芸」をやり、

「そのことを覚えた」とイルカが再現する、
という高度な芸です。
イルカ的には、一日の中で、そのステージごとに、
毎回、新しいしぐさなりを表現し、

そのことを覚えた(学習した)ことを、

人に示すということです。

イルカには、
「或る特定のことことを覚えれば、エサがもらえる」

というコンテクスト(二次学習)より、

高度なことが、課せられたのです。

或る時は、芸Aをやったら、
エサがもらえた。
しかし、次に、芸Aをやっても、
エサはもらえない。
偶然、芸Bをやったら、
エサがもらえた。
しかし、それをもう一度やっても、
エサはもらえない。
最初、イルカは、混乱したようです。

しかし、試行錯誤を繰り返す中で、
イルカは、ついに、
「わかった」ことを示すかのように、
嬉しそうな反応をしたそうです。

そして、次々に、
新しい芸を見せ出したそうです。

つまり、イルカは、
より高い階層から、
自分の置かれた「コンテクスト(文脈)」を、

理解することをできたのです。

「芸A、芸B、芸C」と、

既存の芸を、ひとつのクラス(類)と見なし、
それとは別の「新しい芸」のクラス(類)が、
求められているものだと、理解したのです。

このゲーム全体のコンテクストを理解したのです。
それは、

今までの自分が置かれた階層を、

超えた視点からの理解です。
そこに、

イルカは、飛躍することができたのです。

一方、対照的に、
ノイローゼに陥ったパブロフの犬の、
事例が挙げられています。

その犬は、
丸と、楕円形を識別する訓練を受けたようです。
丸の時は、反応Aを行なう、
楕円形の時は、反応Bを行なう、

というようなことでしょう。

その上で、
丸か楕円形か、識別できない形態が、

提示されたようです。
すると、

犬は、明らかに混乱し、
神経症的な症状を示し出したようです。
つまり、選択肢「丸か楕円形か」の間で、

「識別できない」という、
ダブルバインド(二重拘束)に入ってしまったのです。

つまり、パブロフの犬は、
選択肢「丸か楕円形か」が、
ひとつのクラス(類)であり、
その他のクラス(類)が、
他の選択肢としてあるかもしれない、
という可能性を、

見出せなかったのです。
そのため、既存の学習の中で、
袋小路に入って(詰んで)しまったのです。


さて、見るところ、

人間の場合も、
個人の行動や、企業の戦略においても、
多くの場合、
パブロフの犬のようにしか振る舞えない、
というのが実情ではないかと思われます。

既存の二次学習の中で、

ダブルバインドに陥ってしまうのです。


つまり、
自分が慣れ親しみ、

身についた既存の二次学習、

既存の視野(選択肢)の階層を、

超える飛躍とは、
なかなかに難しいのです。

 

習慣的学習ではない超習熟と、

覚醒的な気づき、

プラスアルファの要素が、

必要となります。


そしてまた、
頭で考えるだけの方法論(aboutism)では、
自分自身を構成している
二次学習のプログラムを超える(相対化する)ことは
これも大変難しいからです。
考えることは、解離的なプロセスであり、

それ自体に、物質的に働きかける方法には、

ならないからです。

当スペースが、
ゲシュタルト療法(心理療法)を、
方法論に置いている理由は、

ここにあります。

それは、

ゲシュタルト療法のセッションは、

変性意識状態(ASC)に入り込む中で、
しみついた二次学習のプログラムに、
背後から直接、

コンタクト(接触)できる方法論となっているからです。

そして、

それを、気づきawarenessのうちに、

修正することができるからです。

 

 

◆PART2 Standardの各方法論

 

PART2 Standardでは、

ゲシュタルト療法の基盤に、

かけ合わせることで、

より「流動化」し、

「組織化」し、

「焦点化」する能力をプラスし、

さらに相乗的に能力を拡張してくれる、

各種の方法論・知見について解説をしています。

 

実際のセッション(ワーク)においても、

これらの知見は、

心の深層を構成する要素として、

随所で、気づかれる役に立つ事柄となっています。

 

PART2 Standardの部では、

以下の事柄を見ていき、

意識と能力を拡張するオプションとしていきます。

 

 

1.変性意識状態(ASC)とは

 

→変性意識状態(ASC)では、

 通常の日常意識では得られない、

 さまざまな体験領域や情報、能力が得られます。 

 また、知られざる創造過程が働きます。 

 この状態を、意識的に活用することで、

 私たちは人生に、

 より価値あるアウトプットを、

 出しやすくなります。

 

 また、ゲシュタルト療法のセッションの中では、

 この軽度な変性意識状態に、

 ごく自然に入っていくこととなります。

 また、セッションに習熟していくことは、

 変性意識状態に入るスキル自体を、

 高めていくことになります。

 

 そこの部分に、

 意識的に気づいていくことが、

 変性意識を、

 方法論として使えるスキルと、

 なっていくのです。

 

 

2.「英雄の旅」とは

 

・神話学のモデルとして、

 ジョゼフ・キャンベルによってまとめられた、

 「英雄の旅(ヒーローズ・ジャーニー)」は、

 心理学から、映画のシナリオ術、

 マーケティングのコピーライティングまで、

 幅広い領域で、活用されています。

 それは、このモデルの普遍性のためともいえます。

 

・そして、このモデルはまた、

 変性意識状態(ASC)を含む、

 私たちの心の全貌(全体性)を理解する上でも、

 示唆の多いものとなっているのです。

 特に、異界を巡るかのような、

 心の変容過程の渦中にある人にとっては、

 実際的に価値あるものにもなるのです。

 

・この神話モデルは、

 私たちの人生のおける探求の方法論、

 心の変化・変容のモデル、

 創造的なアウトプットをつくるためのパターン、

 等と、さまざまな場面で、

 そのフレームを活用できる方法論となっているのです。

 

 

3.体験的心理療法

 

→ゲシュタルト療法が広まった時代的背景(1960年代)や、

 近い位置にあった、心理療法・方法論を知っておくことは、

 とても大切なことです。 

 ゲシュタルト療法や、変性意識状態(ASC)を、

 深く理解し、原理的に応用する上でも、

 参考になる点が多くあるからです。

 

 

4.NLP(神経言語プログラミング)とは 普及・効果・課題

 

→NLPの特性や利用法について、記しています。

 NLPは、ゲシュタルト療法を、

 その淵源のひとつにしていますが、

 ベイトソンの学習理論などとともに、

 私たちの心やコミュニケーションのシステムを、

 うまく解説する理論を持っています。

 

→ここでは、NLPの特性、限界や可能性、使用法等、

 NLPのヴィジョンを活かすための視点を、

 取り上げています。

 

 

5.禅と日本的霊性

 

→私たち日本人にとって、「禅」的なるものは、

 精神の基底的な風景として、存在しています。

 それは必ずしも、仏教の一流派・一方法論という、

 意味に限定されるものではありません。

 ここでは、ゲシュタルト療法に関連して、

 その基本事項を少し記しています。


 

6.野生と自然

 

→変性意識状態(ASC)を通して、

 心の深層を探求する道は、

 私たちを、

 心の基底にある〈自然nature〉

 というものに、たどり着かせます。

 ここでは、そのような、

 私たちの存在を基礎づけるとともに、

 私たち自身である〈自然〉について、

 見ていきます。

 

 

※変性意識状態(ASC)や夢見を含む、

より総合的な方法論については、拙著↓

『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法』

をご覧下さい。

 

【PART1 Basic】ゲシュタルト療法

ゲシュタルト療法【基礎編】

ゲシュタルト療法【実践・技法編】

ゲシュタルト療法【応用編】

「セッション(ワーク)の実際」

 

【PART2 Standard】

気づきと変性意識の技法 基礎編

変性意識状態(ASC)とは

「英雄の旅」とは

体験的心理療法

NLP 普及・効果・課題

禅と日本的霊性

野生と自然

 

【PART3 Advanced】

気づきと変性意識の技法 上級編

変性意識状態(ASC)の活用

願望と創造性の技法

その他のエッセイ

 

【PART4 当スペース関係】

フリー・ゲシュタルトについて

セッションで得られる効果

 なぜ、ゲシュタルトなのか

メニュー/料金

著作紹介→メルマガ登録【FG通信】

お問い合わせ

 

 

 

 

〈更新情報・その他〉

 

ブログ

   ↓

フリー・ゲシュタルトな気づき

ゲシュタルト療法

動画解説サイト

 ↓

freegestaltworks.TV

エンプティ・チェアの技法

学習特化サイト

 ↓

エンプティ・チェア・ワークス

変性意識状態(ASC)の、

創造的活用は

 ↓

Xステーツ・テクノロジー

著書

『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

内容紹介

 

Amazonページ

『砂絵Ⅰ:現代的エクスタシィの技法

(電子版 or 書籍版)

※現在、特価中

 

フリー・ゲシュタルト・ワークスについて

  ↓

 コチラ

セッションで得られる効果

  ↓

 コチラ

メニュー・料金

  ↓

 コチラ

プロフィール

  ↓

 コチラ

メルマガ登録

【FG通信】具現化のための、気づき・変性意識・ゲシュタルト

  ↓

 コチラ

お問い合わせ

  ↓

 コチラ